スポーツ

セを見放した?交流戦9年連続勝ち越しでパ・リーグが「アジア進出」へ

 プロ野球・セパ交流戦は東京ヤクルトが初の最高勝率チームに決まったが、全試合の終了を待たずにパ・リーグの9年連続勝ち越しとなった。そのパ・リーグが“奇妙な動き”も見せていた。

「ヤクルトには賞金500万円が贈られます。一方、勝ち越したパ・リーグには今秋のドラフト会議でのウエーバーの優先権が与えられ、順位に応じて1000万円から100万円の賞金が贈られます」(球界関係者)

 パ・リーグの賞金の使い道だが、もちろん、各球団がポケットに入れる分もあるが、パ6球団が共同で立ち上げた「パシフィックリーグマーケティング株式会社」の運営資金にも充てられてきた。その共同会社が「台北国際観光博覧会(TTE)」への参加を取りやめたのだ。去年まで3年連続で参加していたのに、だ。

「台北国際観光博覧会とは、台湾で100カ国以上の国と地域の企業、自治体等が参加し、特産物や新商品を紹介するイベントです。パ・リーグ6球団を紹介し、アジア圏のファンを増やしてきたんですが…」(前出・球界関係者)

 不参加の理由はナゾだ。しかし、「台湾などでの宣伝活動は終わった」と話す関係者もおり、実は「次のステージに進む」のではないかという説があるのだ。

「パは水面下で、台湾、韓国を加えたオフの短期間リーグ戦を模索しているとも聞いています。日本からは育成目的で中堅以下を派遣することになりそうですが…」(前出・球界関係者)

 その通りに進めば、アジア圏の新リーグ構想とも言えなくはない。セ・リーグは交流戦をやめたい一心だが、パ側は「リーグの枠を越える試合は盛り上がる」と、ビジネスライクに捉えている。セにその気がないのなら、パはアジアに新パートナーを求めたのかもしれない。セ6球団は奮起しないと、このアジア構想から完全に切りはずされてしまうだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
5
多部未華子、共演多数の三浦春馬さん死去にコメントを出さない「理由」