芸能

有吉弘行、“笑えない反響”が続出した「先輩イジリ」ツイートの真意とは?

 お笑い芸人の有吉弘行が去る6月10日に更新した自身のツイッターの内容が波紋を広げている。先輩芸人のデンジャラス安田和博を“侵入者”扱いすると、ファンの頭に真っ先に浮かんだのは「アノ事件」だったのだ。

 有吉は、イスに座りながら本を熟読する安田を撮った写真を掲載すると、〈まただよ。またコイツいるよ。どっから入ってくるんだろなぁ。窓閉めてるのになぁ。。。〉などとツイート。太田プロダクションで、長年にわたる付き合いを続けてきた先輩を“コイツ”呼ばわりする芸人特有の絡みで仕掛け、ファンからの笑いを誘うも〈まるでトップリードだな〉〈さすが太田プロでは不法侵入が流行ってますね〉〈楽屋泥棒…?〉〈有吉さんの周りはヤバイ奴多い!?〉〈冗談にしてはトップリードを彷彿とさせすぎな気が、、〉との反応がネット上に続出する事態に。

「ファンが指摘する“トップリード”とは、今年1月に都内のマンションへの住居侵入及び窃盗未遂の容疑で現行犯逮捕され、後に太田プロから契約解除された元男性芸人を含むお笑いコンビです。同じ事務所の後輩だったということもあり、有吉ともプライベートで親交が深く、過去にはバラエティ番組で“注目すべきオススメ芸人”として有吉から推薦されたこともあるほど可愛がられていたようですね。また、一部ではこの元男性芸人が楽屋泥棒をはたらいていたとする噂も囁かれており、今回の有吉による先輩安田への“不法侵入嫌疑ツイート”は、『笑うに笑えない』『ワザと泥棒ネタをイジってんのかな?』との指摘が相次いでいます」(テレビ誌ライター)

 先輩芸人とのじゃれ合いツイートが、同事務所後輩による不祥事を彷彿とさせるキッカケとなってしまった有吉。もちろん、こうした反応を“狙い”で演出することには何のメリットもないはずだが、はたしてその真意とは?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!