芸能

40周年を迎えたサザンオールスターズ、「あの男との確執」の最終決着は?

「勝手にシンドバッド」でサザンオールスターズがデビューしたのは1978年6月25日。以来、国民的な人気を誇るバンドとして第一線に君臨し、今年、結成40周年を迎えた。その記念日にはNHKホールでプレミアムライブを行ない、夏には20年ぶりのベスト盤や、夏フェスの参加も発表されるなど、精力的な記念イヤーを迎えている。

 そんなサザンの顔である桑田佳祐は、何度となく「お騒がせ」を起こしている。82年のNHK紅白歌合戦では、三波春夫ばりの白塗りメイクで物議を醸したが、最大の騒動は1994年10月に勃発した長渕剛とのバトルだろう。

「桑田がソロでリリースした『すべての歌に懺悔しな!!』の歌詞が、大学出ていてもバカだとか、ドラマの主役には燃えているとか、完全に当時の長渕をおちょくるような内容でした。これに激怒した長渕は、かつての遺恨まで持ち出して『桑田は許さない』と公言したんです」(音楽ライター)

 長渕が明かした「かつての遺恨」とは、ナゴヤ球場で83年に行なわれたジョイントライブのこと。あくまで対等であるはずが、完全にサザンの前座扱いだったことを蒸し返したものである。

「結局、桑田の歌が“予言詩”になったのか、長渕は翌年1月に法律違反の薬物を巡って逮捕。騒動は一気に収束する形になりました」(前出・音楽ライター)

 それから20年以上が経ち、2人の因縁を誰もが忘れかけた頃に、思わぬ形の「続編」があった。昨年の朝ドラ「ひよっこ」の主題歌で、紅白歌合戦でも披露した「若い広場」が、何と長渕の初期のシングル「夏の恋人」にそっくりだったのだ。

「歌い出しから2小節ほどは完全に同じメロディです。桑田一流の茶目っ気なのか、まさか“天敵”に似た歌を作るとは思いませんでした」(前出・音楽ライター)

 ともにデビュー40周年(注・長渕は再デビュー)ゆえに、もうひと波乱、ふた波乱あってもおかしくなさそう?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
3
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
4
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!
5
「キングオブコント」お笑い業界内で囁かれる「審査員への不満」とは?