芸能

ケンコバを“書記官”に任命した外務省に絶対見せてはいけない動画があった!

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが7月3日、河野太郎外務大臣から「夏休み『たびレジ』登録推進書記官」に任命された。そのたびレジとは、海外に滞在中の日本人に向けて、災害やテロの情報を日本語でメール受信できる外務省のサービス。2014年7月に運用を開始するも、その存在がほとんど知られていないことから、夏休みの旅行シーズンを前に人気者のケンコバを起用することで、知名度の向上と利用者増を図る狙いだ。

 そんなケンコバの起用に対してお笑いファンからは「意外な人選」との声があがる一方で、「プライベートでは海外旅行好きだから納得」との声もあるという。ところが、一部からは「外務省には絶対に見せてはいけない動画がある」とのささやきも漏れ伝わっているようだ。お笑い系のライターが耳打ちする。

「それはAmazonプライム・ビデオで配信されているお笑い番組の『ドキュメンタル』です。5月4日に配信されたシーズン5の第3話『崖っぷちの戦い』にてケンコバは、シモの毛をブラジリアンワックスで脱毛するという企画に挑戦。画面ではモザイク入りながら下半身を全出しにし、脱毛テープがはがされるたびに、口に加えたハーモニカが悩ましげな音色を奏でていたのです。外務省から公的な肩書を委嘱されている芸能人で、ここまでシモ系のネタを公開したのは、ケンコバを置いてほかにはいないはず。いかにもケンコバらしい企画ではありますが、外務省には絶対に内緒にしていたいものです」

 普段からシモの話題を得意とするケンコバだが、この「ドキュメンタル」では地上波では放送不可能なレベルのお下劣さに挑戦。たしかにこれが外務省に見つかったら、書記官の肩書を取り上げられてしまう恐れもありそうだが、実はさほどの心配は不要だという。

「河野外相は最もネット分野に明るい政治家の一人で、ブログやmixiでの情報発信にも積極的でしたし、2010年にはいち早くツイッターも開設。ニコニコ生放送にも出演しています。それゆえケンコバの過激なお笑いも知ったうえで、政治家らしく清濁併せ呑んだうえで起用したのかもしれませんよ」(週刊誌記者)

 これで外務省のお墨付きがつけば、ケンコバがワールドワイドな芸人として活躍する日も近づいたかも!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点