芸能

ケンコバを“書記官”に任命した外務省に絶対見せてはいけない動画があった!

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが7月3日、河野太郎外務大臣から「夏休み『たびレジ』登録推進書記官」に任命された。そのたびレジとは、海外に滞在中の日本人に向けて、災害やテロの情報を日本語でメール受信できる外務省のサービス。2014年7月に運用を開始するも、その存在がほとんど知られていないことから、夏休みの旅行シーズンを前に人気者のケンコバを起用することで、知名度の向上と利用者増を図る狙いだ。

 そんなケンコバの起用に対してお笑いファンからは「意外な人選」との声があがる一方で、「プライベートでは海外旅行好きだから納得」との声もあるという。ところが、一部からは「外務省には絶対に見せてはいけない動画がある」とのささやきも漏れ伝わっているようだ。お笑い系のライターが耳打ちする。

「それはAmazonプライム・ビデオで配信されているお笑い番組の『ドキュメンタル』です。5月4日に配信されたシーズン5の第3話『崖っぷちの戦い』にてケンコバは、シモの毛をブラジリアンワックスで脱毛するという企画に挑戦。画面ではモザイク入りながら下半身を全出しにし、脱毛テープがはがされるたびに、口に加えたハーモニカが悩ましげな音色を奏でていたのです。外務省から公的な肩書を委嘱されている芸能人で、ここまでシモ系のネタを公開したのは、ケンコバを置いてほかにはいないはず。いかにもケンコバらしい企画ではありますが、外務省には絶対に内緒にしていたいものです」

 普段からシモの話題を得意とするケンコバだが、この「ドキュメンタル」では地上波では放送不可能なレベルのお下劣さに挑戦。たしかにこれが外務省に見つかったら、書記官の肩書を取り上げられてしまう恐れもありそうだが、実はさほどの心配は不要だという。

「河野外相は最もネット分野に明るい政治家の一人で、ブログやmixiでの情報発信にも積極的でしたし、2010年にはいち早くツイッターも開設。ニコニコ生放送にも出演しています。それゆえケンコバの過激なお笑いも知ったうえで、政治家らしく清濁併せ呑んだうえで起用したのかもしれませんよ」(週刊誌記者)

 これで外務省のお墨付きがつけば、ケンコバがワールドワイドな芸人として活躍する日も近づいたかも!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
4
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
5
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?