芸能

ケンコバを“書記官”に任命した外務省に絶対見せてはいけない動画があった!

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが7月3日、河野太郎外務大臣から「夏休み『たびレジ』登録推進書記官」に任命された。そのたびレジとは、海外に滞在中の日本人に向けて、災害やテロの情報を日本語でメール受信できる外務省のサービス。2014年7月に運用を開始するも、その存在がほとんど知られていないことから、夏休みの旅行シーズンを前に人気者のケンコバを起用することで、知名度の向上と利用者増を図る狙いだ。

 そんなケンコバの起用に対してお笑いファンからは「意外な人選」との声があがる一方で、「プライベートでは海外旅行好きだから納得」との声もあるという。ところが、一部からは「外務省には絶対に見せてはいけない動画がある」とのささやきも漏れ伝わっているようだ。お笑い系のライターが耳打ちする。

「それはAmazonプライム・ビデオで配信されているお笑い番組の『ドキュメンタル』です。5月4日に配信されたシーズン5の第3話『崖っぷちの戦い』にてケンコバは、シモの毛をブラジリアンワックスで脱毛するという企画に挑戦。画面ではモザイク入りながら下半身を全出しにし、脱毛テープがはがされるたびに、口に加えたハーモニカが悩ましげな音色を奏でていたのです。外務省から公的な肩書を委嘱されている芸能人で、ここまでシモ系のネタを公開したのは、ケンコバを置いてほかにはいないはず。いかにもケンコバらしい企画ではありますが、外務省には絶対に内緒にしていたいものです」

 普段からシモの話題を得意とするケンコバだが、この「ドキュメンタル」では地上波では放送不可能なレベルのお下劣さに挑戦。たしかにこれが外務省に見つかったら、書記官の肩書を取り上げられてしまう恐れもありそうだが、実はさほどの心配は不要だという。

「河野外相は最もネット分野に明るい政治家の一人で、ブログやmixiでの情報発信にも積極的でしたし、2010年にはいち早くツイッターも開設。ニコニコ生放送にも出演しています。それゆえケンコバの過激なお笑いも知ったうえで、政治家らしく清濁併せ呑んだうえで起用したのかもしれませんよ」(週刊誌記者)

 これで外務省のお墨付きがつけば、ケンコバがワールドワイドな芸人として活躍する日も近づいたかも!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!