スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(2)本田が“天敵・川島”をかばう

「大迫半端ないって」とホメ言葉で使われるならまだしも、それをモジッて「川島それはないって」と猛批判を浴びたのは、2試合連続で大失態したGK川島永嗣(35)だ。セネガル戦での“パンチングパス”について、サッカージャーナリストの六川亨氏が振り返る。

「西野体制になってから失点が続き、自信をなくしていました。だからといってGKを代えるにしても、控え選手は大舞台での経験不足で、川島を使わざるをえない状況です」

 国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトでも〈コメディのようなミス〉と取り上げられ、世界中から嘲笑される中、川島に愛を注いだのは、「敵国」のセネガルだった。栗原氏が明かす。

「セネガルの記者に川島の失点につながったパンチングミスを聞いてみると、『日本戦ではセネガルのGKもミスで失点している。川島だけを不当に責めるのはかわいそうな部分がある』とフォローしていました」

 さらに「身代わり」として川島を守ったのは、“天敵”と言われたMF本田圭佑(32)自身だった。

「セネガル戦後の囲み取材で、川島が叩かれている状況に突然触れて、『メディアの皆さんもね、そこの上げ下げを楽しむのは、僕だけにしておいてほしい』と擁護。翌日の練習前にも本田が川島とボール回しをする場面がありました。前回大会では川島が本田の胸ぐらをつかむ事態も起き、犬猿の仲と言われていましたが、たとえケンカ相手でもバカにされるのはこれ以上我慢ならなかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 その本田は人知れず、若手のメンタルケアを行っている。今大会でFW浅野拓磨(23)は23名の代表に選ばれず、バックアップメンバーとしてチームに帯同。練習に参加しても試合には出られない悔しい立場だったのだが‥‥。

「練習後に浅野が走っていると、本田も並走して何やら声をかけていました。コロンビア戦の翌日には帰国が決まり、その試合で本田は1アシスト。試合後にピッチに下りてきた浅野に気づくと、本田から近寄っていき、浅野がゴールを決めたあとにする、両手の爪を立てた『ジャガーポーズ』で喜びを表現した。浅野も同じポーズで応えていました」(サッカーライター)

 セネガル戦で点を取ったあと、FW岡崎慎司(32)と「敬礼」パフォーマンスを見せたのも、本田のアイデアだった。

「2人がそろう最後のW杯になるかもしれないので、ともに戦ってきた『証し』を残したかったようです」(サッカーライター)

 ビッグマウス発言でよけいな誤解を招きやすいが、もしかしていい人なのかも。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」