スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(2)本田が“天敵・川島”をかばう

「大迫半端ないって」とホメ言葉で使われるならまだしも、それをモジッて「川島それはないって」と猛批判を浴びたのは、2試合連続で大失態したGK川島永嗣(35)だ。セネガル戦での“パンチングパス”について、サッカージャーナリストの六川亨氏が振り返る。

「西野体制になってから失点が続き、自信をなくしていました。だからといってGKを代えるにしても、控え選手は大舞台での経験不足で、川島を使わざるをえない状況です」

 国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトでも〈コメディのようなミス〉と取り上げられ、世界中から嘲笑される中、川島に愛を注いだのは、「敵国」のセネガルだった。栗原氏が明かす。

「セネガルの記者に川島の失点につながったパンチングミスを聞いてみると、『日本戦ではセネガルのGKもミスで失点している。川島だけを不当に責めるのはかわいそうな部分がある』とフォローしていました」

 さらに「身代わり」として川島を守ったのは、“天敵”と言われたMF本田圭佑(32)自身だった。

「セネガル戦後の囲み取材で、川島が叩かれている状況に突然触れて、『メディアの皆さんもね、そこの上げ下げを楽しむのは、僕だけにしておいてほしい』と擁護。翌日の練習前にも本田が川島とボール回しをする場面がありました。前回大会では川島が本田の胸ぐらをつかむ事態も起き、犬猿の仲と言われていましたが、たとえケンカ相手でもバカにされるのはこれ以上我慢ならなかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 その本田は人知れず、若手のメンタルケアを行っている。今大会でFW浅野拓磨(23)は23名の代表に選ばれず、バックアップメンバーとしてチームに帯同。練習に参加しても試合には出られない悔しい立場だったのだが‥‥。

「練習後に浅野が走っていると、本田も並走して何やら声をかけていました。コロンビア戦の翌日には帰国が決まり、その試合で本田は1アシスト。試合後にピッチに下りてきた浅野に気づくと、本田から近寄っていき、浅野がゴールを決めたあとにする、両手の爪を立てた『ジャガーポーズ』で喜びを表現した。浅野も同じポーズで応えていました」(サッカーライター)

 セネガル戦で点を取ったあと、FW岡崎慎司(32)と「敬礼」パフォーマンスを見せたのも、本田のアイデアだった。

「2人がそろう最後のW杯になるかもしれないので、ともに戦ってきた『証し』を残したかったようです」(サッカーライター)

 ビッグマウス発言でよけいな誤解を招きやすいが、もしかしていい人なのかも。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
4
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応