事件

熱狂的信者が「麻原彰晃の骨を食べ、一体化する」(2)異例のタイミングでの執行

 教誨室を出ると、前室という部屋へと移動する。執行前の最後の祈りの場所である。ここで仏式かキリスト教式かなど、どんな祈りをささげたいかを聞かれるというが、

「カルト教祖に対し、その質問はブラックジョークのようですが、まさかオウムのマントラを唱えたいとは言わなかったのでは‥‥」(何人もの死刑に立ち会った元教誨師)

 そしていよいよ執行室へと連れていかれた麻原死刑囚は、手錠をかけられると同時に頭から袋をかぶせられ、最後に足首を縛られて絞首刑台へ。首にロープがかかるや、執行ボタンが押され、足元の踏み板がバタンと開いて自然落下──。

「ここでも最後に大暴れしたり、大小便を垂れ流してうめき声を上げる死刑囚を多数、見てきました。実はロープを首にかける刑務官の技術によって、苦しみは違ってきます。喉仏にグッとかけた状態で吊るされると、急激に絞まって延髄が切れるため、わずか8秒ほどで意識を失うことになる。ところが、一部が顎にかかった状態でブラ下がると十分に絞まらず、相当暴れることになります。この場合、意識を失うまでに1分ほどかかることもあります」(元教誨師)

 絶命を確認し、検視を終えた遺体は、24時間は拘置所に安置。やがて棺に入れられ、家族などに引き取られることになる。

 今回、このタイミングで7人の死刑が執行された理由は何なのか。政治部記者によれば、

「国会会期中には執行しない、という通説がありましたが、今回は異例です」

 これまで報じてきたように、来年5月には改元を迎え、それに伴って恩赦が出ることもある。仮に麻原死刑囚が恩赦で無期懲役にでも減刑されようものなら、大騒動に発展することは想像に難くない。

 さらには、改元が近づいたタイミングでの死刑執行は、天皇陛下や皇位引き継ぎを受ける皇太子殿下に大きな精神的負担をかけることになりかねない。少なくとも今年中には執行しておく必要があったのだ。

 ここに、今回の執行の引き金となった政府の動きを指摘する公安関係者の証言がある。

「米朝会談を機に動き始めた北朝鮮との関連です。韓国と日本には今も、治安攪乱や要人暗殺を目的とした北朝鮮のスパイ、工作員が潜んでいます。その工作員がアレフなどの宗教団体に入り込むことがある。カルト的な信者はイザという時に、自爆テロなどの過激な行動に出てくるからです」

 北朝鮮の金正恩委員長は現在、中国を後ろ盾にしてアメリカと交渉しようとしている。そうした軟化路線に反発するグループもあり、北朝鮮内では派閥闘争がすでに始まっているという。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」