事件

熱狂的信者が「麻原彰晃の骨を食べ、一体化する」(2)異例のタイミングでの執行

 教誨室を出ると、前室という部屋へと移動する。執行前の最後の祈りの場所である。ここで仏式かキリスト教式かなど、どんな祈りをささげたいかを聞かれるというが、

「カルト教祖に対し、その質問はブラックジョークのようですが、まさかオウムのマントラを唱えたいとは言わなかったのでは‥‥」(何人もの死刑に立ち会った元教誨師)

 そしていよいよ執行室へと連れていかれた麻原死刑囚は、手錠をかけられると同時に頭から袋をかぶせられ、最後に足首を縛られて絞首刑台へ。首にロープがかかるや、執行ボタンが押され、足元の踏み板がバタンと開いて自然落下──。

「ここでも最後に大暴れしたり、大小便を垂れ流してうめき声を上げる死刑囚を多数、見てきました。実はロープを首にかける刑務官の技術によって、苦しみは違ってきます。喉仏にグッとかけた状態で吊るされると、急激に絞まって延髄が切れるため、わずか8秒ほどで意識を失うことになる。ところが、一部が顎にかかった状態でブラ下がると十分に絞まらず、相当暴れることになります。この場合、意識を失うまでに1分ほどかかることもあります」(元教誨師)

 絶命を確認し、検視を終えた遺体は、24時間は拘置所に安置。やがて棺に入れられ、家族などに引き取られることになる。

 今回、このタイミングで7人の死刑が執行された理由は何なのか。政治部記者によれば、

「国会会期中には執行しない、という通説がありましたが、今回は異例です」

 これまで報じてきたように、来年5月には改元を迎え、それに伴って恩赦が出ることもある。仮に麻原死刑囚が恩赦で無期懲役にでも減刑されようものなら、大騒動に発展することは想像に難くない。

 さらには、改元が近づいたタイミングでの死刑執行は、天皇陛下や皇位引き継ぎを受ける皇太子殿下に大きな精神的負担をかけることになりかねない。少なくとも今年中には執行しておく必要があったのだ。

 ここに、今回の執行の引き金となった政府の動きを指摘する公安関係者の証言がある。

「米朝会談を機に動き始めた北朝鮮との関連です。韓国と日本には今も、治安攪乱や要人暗殺を目的とした北朝鮮のスパイ、工作員が潜んでいます。その工作員がアレフなどの宗教団体に入り込むことがある。カルト的な信者はイザという時に、自爆テロなどの過激な行動に出てくるからです」

 北朝鮮の金正恩委員長は現在、中国を後ろ盾にしてアメリカと交渉しようとしている。そうした軟化路線に反発するグループもあり、北朝鮮内では派閥闘争がすでに始まっているという。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!