芸能

歴代最高の「セーラー服作品」はコレだ!映画(2)新垣結衣をブレイクさせた3大作品は?

 21世紀に入ると、せつないラブストーリーのアイコンとしてセーラー服が復活。きっかけとなった「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年、東宝)は、“セカチュー現象”を巻き起こすほどのメガヒット。悲劇のヒロインを演じた長澤まさみの制服姿が光った。

 これに続いたのが、ケータイ小説を映画化した新垣結衣主演の「恋空」(07年、東宝)で、興行収入39億円の大ヒット。美少女研究家の高倉文紀氏が言う。

「10代の子がブレイクする条件として、制服が似合う作品にきちんと出ていることがあります。新垣結衣は『恋空』やドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)もそうだし、ダンスが有名になった『ポッキー』のCMも前フリの学生服の着こなしがとても印象的でした」

 こうしたファンタジーと一線を画すのが、社会問題にもなった「バトル・ロワイヤル」(00年、東映)だ。

 ある中学のクラス40人が、最後の1人になるまで殺し合うことを命じられ、上映中止を求める国会議員までいたほど。

 藤原竜也を筆頭に個性的なキャストが並ぶが、不良少女の相馬光子を演じた柴咲コウが抜群にいい。鎌を片手に次々とクラスメイトを殺戮し、制服のブレザーも白いブラウスも返り血で染まりながら、女豹のような鋭い表情。大河ドラマの主演女優も張った押しも押されもせぬ演技力の原点がここにあった。

 最後は、現在最高のヒットメーカーの一人である有村架純だ。15年に公開された主演作「ストロボ・エッジ」「ビリギャル」(ともに東宝)は、いずれも興行収入が10億円を突破。可憐な制服姿には、幅広い層のファンがいる。

「どの世代にとっても『ああいう子いたな』と思わせるところがある。決して優等生ではないけれど、さわやかさと健気なマジメさが持ち味。実年齢が上回っても、長く女子高生を演じることができた」(前出・高倉氏)

 胸きゅん映画よ、いつまでも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
3
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
4
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
5
今田美桜、「バスト渓谷を露わ&超ミニ衣装」ブレイク前のレア映像にアクセス殺到!