スポーツ

「第100回夏の高校野球」第1回の地方大会か皆勤の15校とは?

 1915年に第1回大会が開催された夏の高校野球。その予選に参加したのは全国でわずか73校だった。以来、今年の第100回に至るまで1度も欠かさずに地方大会に出場している“皆勤校”がどれくらい存在するか、ご存知だろうか。

 その伝統を守り続けているのは15校。東から順に旭丘(旧・愛知一中)、時習館(旧・愛知四中⇒豊橋時習館)、岐阜(旧・岐阜中)、西京(旧・京都一商⇒西京商)、山城(旧・京都五中)、同志社(旧・同志社中=京都)、市岡(旧・市岡中=大阪)、桐蔭(旧・和歌山中)、関西学院(旧・関西学院中=兵庫)、神戸(旧・神戸一中=兵庫)、兵庫(旧・神戸二中)、鳥取西(旧・鳥取中⇒鳥取一中)、米子東(旧・米子中=鳥取)、大社(旧・杵築中⇒大社中)、松江北(旧・松江中=島根)となる。近畿のチームが多く、鳥取県と島根県も、ともに2校ずつ残っている。

 そして、実はこの15校はすべて春夏の甲子園に、ともに出場経験があり、付け加えると夏の優勝校が4校あるのだ。いずれも戦前だが、旭丘は夏8回、春4回の全国大会出場があり、1917年の第3回大会では史上唯一、敗者復活戦を勝ち上がって優勝を果たした。夏4回、春3回出場し、1919年の第5回大会で優勝校となったのが神戸。その翌年の第6回大会で優勝し、兵庫県勢として連覇を成し遂げたのが春6回、夏7回の出場経験がある関西学院。最後の4校目が桐蔭である。春16回、夏20回の出場を誇る県内きっての古豪で192年の第7回大会と1922年の第8回大会で優勝、大会史上初の連覇を成し遂げた。続く1923年の第9回大会も決勝戦に進出し、史上初の3連覇を狙ったが、甲陽中(現・甲陽学院=兵庫)に2‐5で敗れ、惜しくも快挙を逃している。なお、この4校のうち関西学院と桐蔭はそれぞれ春の選抜でも1回ずつの優勝経験がある。

 逆に春の選抜でのみ優勝しているのが春4回、夏3回の出場がある西京。戦後2回目となる1948年の第20回大会で、京都二商(現在は廃校)との京都対決を制しての栄冠だった。

 記念すべき第100回を迎える今夏。全国大会の開会式では、皆勤校15校の主将が入場行進に参加する。はたしてこの中に晴れて代表校となって、チームメイトとともに大舞台に臨むことになる高校は現れるだろうか。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?