芸能

大雨の中で2会場行き来! 乃木坂46、シンクロニシティライブ熱唱に激賞の声

 前代未聞の試みに戸惑ったのはメンバーも同様!?

 乃木坂46がデビュー6周年を記念した「BIRTHDAY LIVE」を7月6日~8日に、明治神宮野球場と、すぐ近くにある秩父宮ラグビー場の両会場を使用して行った。同ライブといえば、デビューから今までリリースしている全楽曲を披露するのが恒例となっていたが、今年は2会場同時にライブを行う“シンクロニシティLIVE”という初の試みに挑戦。2会場同時ということもあって、ファンの間では会場によって登場するメンバーに偏りがあるのではないか? などの心配はあったものの、“両会場に全メンバー登場!”と、事前告知していた通り、どちらかの会場に優劣をつけるというわけでもなく、メンバーたちが登場する比率も同じに調整され、3日間計18万人のファンを熱狂させた。

「ライブスタート時は秩父宮に白石麻衣や西野七瀬、齋藤飛鳥らお馴染みの選抜メンバーが勢ぞろいして、齋藤がセンターを務める夏の定番ソング『裸足でSummer』を披露。一方の神宮球場はアンダーメンバー(非選抜メンバー)が登場し、さわやかでポップな楽曲『自惚れビーチ』を披露して、ファンを沸かせていました。ライブスタートから終演まで2会場で中継をつなぎ、同じタイムラインで同じ曲を披露していくのかと思いきや、披露した楽曲は同じでもセットリストの順番は入れ替えられ、別々に組まれていました。そのため、メンバーたちの立場だと同じ楽曲をそれぞれの会場で歌うため、単純に2つのライブを同時にこなしている感覚で、いつものライブの2倍のエネルギーを使ったことになります」(アイドル誌ライター)

 そのため、本来のライブであれば、披露する楽曲によってタイミングによっては待機しているメンバーも出てくるが、今回に限っては、ほとんどのメンバーが休憩する間もなく、移動してはパフォーマンスと大忙しだったことだろう。

「移動しては移動先でさっきまでいた会場で披露した楽曲をパフォーマンスしての繰り返しですから、メンバーも混乱したことでしょう。それに特にライブ初日は今までの乃木坂のライブの中でもいちばん激しいレベルの雨が降っていましたから、なおさらしんどかったはず。雨に打たれながらライブを鑑賞したファンも大変だったことは言うまでもありませんが、カッパも着用せず、薄着でパフォーマンスしたことに加えて、フル稼働だったわけですから3日間走り抜いたメンバーを褒めてあげたいですよ」(前出・アイドル誌ライター)

 ファンからも「なんだかんだで大満足だった」「乃木坂ちゃんたちの頑張りには頭が下がるな」「きっとメンバーたちにとっては今までのライブの中でも群を抜いて過酷なライブだったろうな」など、メンバーたちの頑張りをねぎらう声が多数見受けられている。7月21日の福岡ヤフオク!ドームを皮切りに、会場規模もスケールアップした真夏の全国ツアーもスタートさせるが、まだまだ乃木坂は上り坂といっていいだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」