芸能

野性爆弾・くっきー“上半期ブレイク芸人1位”にネット上では賛否両論!?

 お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが「ORICON NEWS」の発表する「2018年 上半期ブレイク芸人ランキング」で1位に選出されている。

 ひょっこりはんやみやぞん、そしてガンバレルーヤといった“今年の顔”を退け、みごと首位に立ったくっきーは、1994年に吉本興業からデビューした「花の13期生」であり、同期にはチュートリアルやブラックマヨネーズ、次長課長といった人気株がズラリと並ぶ。くっきーのブレイクが、同期の中堅芸人に比べ大幅に遅れてしまったのは、ひとえに彼の繰り出すネタが“あまりにも奇怪かつ理解しがたい”との評判によるものだということは明白だ。

「個性派という枠をブチ破るようなくっきーのネタはデビュー当時からあまり変わっていませんが、やはりお茶の間に彼の“シュール芸”が完全に理解されるにはかなりの時間を要しました。ネット上には現在もなお、『どこが面白いのかサッパリわからん』『好きじゃない』『おもしろいと思う前に気持ち悪いと感じてしまった』といった声が並ぶほどで、常に賛否両論と共に生きる芸人。ただし、彼の独特な世界観が詰まった展覧会が催されると連日にわたる大盛況となるなど、熱狂的に支持する層があるのも事実です。今回も10代から40代による投票で1位に輝いており、ようやく“くっきーの時代”が押し寄せているようですね」(テレビ誌ライター)

 顔面を白塗りし、タレントの柴田理恵や先輩のダウンタウン浜田雅功といった大御所の顔マネを敢行することでも知られるくっきーのインスタグラムには、今や82万人のフォロワーがひしめき合っている。“好き嫌いが分かれる”スタイルを取ってきた彼だが、今後も斬新な攻めの姿勢を貫いて頂きたいところだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント