芸能

ぱいぱいでか美、爆問が発端の「はあちゅう炎上」切り抜けた“華麗なる所作”

 ブロガーで作家のはあちゅうに「キワモノ扱い」された女性タレントが、みごとな切り返しでネット民を感心させた。コトの発端は、艶系男優・しみけんとの事実婚を明らかにしたはあちゅう氏について、爆笑問題の太田光がラジオ番組にて「ろくでなし子と結婚してほしかったな、しみけんは。あとは、ぱいぱいでか美とかね」と口にしたこと。

 この発言を受けて当のはあちゅう氏は、自身のツイッターで「爆笑問題さんにとってわからないものは全部キワモノ枠」と反発。ところがこの発言こそがぱいぱいでか美らをキワモノ扱いしているとして、大炎上したのである。そこからの展開についてアイドル誌のライターが指摘する。

「そんなはあちゅう氏に対して、でか美は『はあちゅうさんにとっても「わからないものは全部キワモノ枠」なんだな~』とツイート。相当皮肉の効いた返しですが、当のでか美は自分自身がキワモノ扱いされたことに怒っていたのではなく、はあちゅう氏のツイートに潜む矛盾を鋭く指摘していたのです。そのうえで、はあちゅう氏に対して怒りをぶつけるでもなく、むしろ『爆笑問題さんに名前出してもらえて嬉しい』との喜びを素直に明かしていました。そんな彼女に対して『器が大きい』との評価も飛び交っていますが、むしろ彼女が生まれ持った『物事を怒りで解決しようとしない』スタンスの表われだったのではないでしょうか」

 そのでか美は特異な名前からキワモノ扱いされがちだが、本人は至ってマジメな性格で知られている。高校時代からのハロプロ好きが高じてアーティストの大森靖子と交流を持つようになり、大森のプロデュースでCDデビュー。現在は執筆活動や「有吉反省会」(日本テレビ系)などでのテレビタレント業、そしてアイドルからDJと幅広く活動するマルチタレントとして人気を博している。そんなでか美を応援するファンもまた、彼女の性格に影響を受けているようだ。

「この手の騒動では普通なら、でか美ファンがはあちゅう氏に抗議のツイートを大量に送りつけそうなもの。ところがそういった例はほとんどなく、双方のツイートを見比べたうえで、でか美が怒ってないことに納得し、静観している人がほとんどなのです。はあちゅう氏側は一部のツイートを削除したものの、それに対して『逃げやがって!』と憤る声もなく、そんなファンたちを誇りに感じるでか美は争いごとを好まないみずからの性格になぞらえて『ヲタクは推し(の対象者)に似るって本当だよな~』としみじみとつぶやいていました。その結果、炎上騒ぎがほのぼのとした雰囲気で終息を迎えることになったのです」(前出・アイドル誌ライター)

 結果として、名前が売れたうえにタレントとしての評価も高まったでか美。ただ、本人は「ラジオかサンジャポに呼んで頂けるように頑張るっきゃないな~」との構えだ。ここはぜひ爆笑問題とのやり取りを見てみたいというファンも少なくないことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント