芸能

長すぎた独身生活の弊害?安住紳一郎アナが明かした“アサリ偏愛”生活

 独身生活、長すぎるんじゃないの?とファンが心配してしまうようなエピソードが、TBSのエース・安住紳一郎アナから語られ、リスナーをざわつかせている。

 7月29日放送のラジオ番組「安住紳一郎 日曜天国」(TBSラジオ系)でのこと。安住は、あるものにふとしたことから情を感じてしまったという。

「この日の番組メッセージテーマは『最近、ハマっていること』でした。アサリの砂抜きをするのがマイブームで、家族そろって観察した後、調理しておいしくいただくというほほえましいメールが紹介されました。アシスタントを務めるフリーの中澤有美子アナが『いやー、わかる!』と砂抜き観察の楽しさに同意すると、安住もアサリの容器に新聞紙をかぶせて暗くしてやると砂抜き作業が一層激しくなり、スピードアップされるというおばあちゃんの知恵を紹介して大いに盛り上がりました」(芸能ライター)

 8月に45歳の誕生日を迎える安住は独身、一人暮らし。こんな告白をした。

「私も、一人暮らしが長いですから、近所のスーパーでおいしそうなアサリを380円くらいで買ってきまして、家の鍋で砂抜きをしていたところ、あまりにもそのアサリとの時間が長くなってしまって、情が湧いて、結局食べることができなかったということがあります。砂抜きの一挙手一投足がペットのように思えてきて、食べられず。結局、そのまま置いて仕事に行って帰ってきたら、室温のまま長いこと置かれていたので、あさりたちが悪臭を放って、泡を吹いて腐りきっていたという、逆にムゴいことをしてしまいましたね」

 中澤が「命を無駄にしてしまいましたね」と笑いながらツッコんだところ、安住は「逆にね、中途半端な情けはダメなんだ」という実感のこもった結論を導き出したのだった。

「ちなみに、日本テレビの桝太一アナは、“アサリ”という愛称を持つほどのアサリオタクです。東大時代、アサリの貝殻の縞模様で誕生日を調べる研究をしていた。でも、あくまで研究対象で、情を感じることはなかったそうです。一方、テレビ大好きで、自宅では部屋中に配置したテレビで全局をチェックしている安住アナ。よりにもよってアサリにのめり込んでしまうとは、驚きです。週刊誌報道などで、女性不信に陥るようなことがあったりしてか、恋の噂も、結婚話もとんと聞かれない」(ネットライター)

 人間の女性には、食指が動かなくなったのかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す