芸能

週プレに「土下座したのか」の声!吉岡里帆の表紙グラビアに“屈折非難”の嵐

“新・癒やし系”もしくは“ぶりっ子の権化”として、良い意味でも悪い意味でも人気沸騰中の女優・吉岡里帆。80ページを超える特集で大好評だった7月半ば発売の“吉岡里帆永久保存版”に続いて、8月6日に発売された「週刊プレイボーイ」でも表紙グラビアに再登場した。ところが、ネット上はファンの歓喜の声があふれたかたと思いきや、吉岡アンチであふれかえってしまったという。

「同じ版元の集英社から7月20日に発売された写真集『so long』のパブリシティを兼ねての展開ですが、ネット上にはグラドルファンがまたもや集結し、吉岡叩きをしまくってますね。グラドル時代の仕事を黒歴史として捨て去った吉岡に頼りきっている週プレに『全然艶っぽくないじゃない』『土下座でもしたのか』という罵声まで飛んでますから、その非難は相当なものです」(エンタメ誌ライター)

 それでもアンチのネット民にはかつての“吉岡ファン”が多いのも実情で、今回の週プレ表紙に「いつもこの口しかない」と酷評をボヤきつつ、かつての水着時代のカットをネット上に貼って見比べているという。

「熱烈ファンは総じてブレイク直前あたりの彼女を気に入ってるようですね。ドラマでも一昨年の『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)あたりが“いちばん可愛い”という意見が多い。つまり、可愛さ余って憎さ100倍。水着、ドラマ関係なく昔から応援してきたファンの時代を“黒歴史”と切り捨ててしまった吉岡には、今後も屈折した感情を彼女に抱くアンチが付きまとう可能性が高いということでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 かつての水着写真などを並べ「あの頃の吉岡はどこ行ったんだ?」「全部ウソなんだよな、コレ」など、哀愁漂うネット上に本人は何を思うのだろう。

(田中康/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…