芸能

“ソウルの女王”アレサ・フランクリン死去で改めて驚かれた「12歳初出産」!

 8月16日午前9時50分にミシガン州デトロイトの自宅で、膵臓(すいぞう)ガンのため家族に看取られながらこの世を去った“ソウルの女王”アレサ・フランクリン。76歳だった。

 アレサはローリングストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な100人のシンガー」に名を連ね、1987年には女性として初めて「ロックの殿堂入り」を果たしている。グラミー賞を18回も受賞し、2009年1月にはオバマ大統領の就任式典にて「My Country, ’Tis of Thee」こと別名「America」を祝唱。その圧倒的な歌唱力と表現力を世界各国の人々に知らしめた。

「彼女が亡くなったことで、波乱万丈な人生にふたたびスポットライトが当たっているようです。テネシー州メンフィス生まれのアレサは、12歳の時に初めて男児を出産、14歳時に別の男性との間に第2子である男児を出産しているため、シングルマザーのエキスパートと言っても過言ではないんです。生涯で2度結婚し、4人の男性との間に4人の息子がいるため、ネット上では『パワフルなのは歌だけじゃなくてキャラも!』『バツ2でクヨクヨしてたけどアレサを見習う』など、歌手としてだけでなく“肝っ玉かあさん”としてのアレサも注目されている側面があるんです」(音楽誌ライター)

 アレサは2017年にアルバム「A Brand New Me」をリリースしたのと同時に引退を発表し、闘病生活に入っていた。

 アメリカCNNテレビのキャスターは、番組でアレサの死を「新たな世代をも興奮させる。だからこそ女王と呼ばれる。女王は永遠に不滅です」とコメントしたそうだが、“パワフルな私生活の伝説”についても同様だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
2
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
3
指原莉乃が語った「悩み」が物語るAKBグループ卒業後「大ブレイク」の予感!
4
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
5
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由