スポーツ

大阪桐蔭の怪物を完璧に抑え込んだハンカチ王子が輝いた夏の甲子園88回大会

 1915年に開催された第1回の夏の選手権から出場を果たしながら、90年もの間、栄冠に届かなかった高校がある。東京の名門・早稲田実である。その間、春の選抜では1度優勝を果たしたものの、夏の選手権では2度の準優勝が最高だった。あの王貞治(元・読売)、荒木大輔(元・ヤクルトなど)らの偉大なOBでもなし得なかった夏の全国制覇を実現したのが、2006年の第88回大会。その原動力となったのが、“ハンカチ王子”斎藤佑樹(北海道日本ハム)である。

 大会初日の第2試合に登場した早実は鶴崎工(大分)相手に18安打13得点をマークすると、投げてはエース・斎藤が被安打3、1失点と上々のスタートを切る。そして続く2回戦で早くも大一番を迎えることとなるのだ。その相手はこの春の選抜覇者・横浜(神奈川)を初戦で11-6と圧倒して勝ち上がった大阪桐蔭。中でも2年生ながら4番を打つ怪物・中田翔をどう抑えるかが早実勝利のポイントだったが、何と斎藤はこの怪物を4打数3三振と完璧に抑え込んだのである。

 超強力な大阪桐蔭打線相手に許した安打は6本、毎回の12奪三振を奪う快投で2点完投。打線も5番・船橋悠の3ランなど計13安打で11得点。快勝だった。実はこの試合で斎藤が見せた“中田封じ”にはこんな裏話がある。もともとは“強打の三高”と言われた都内最大のライバル校・日大三の強力打線を抑えるために、“内の内”に投げる練習をしていた。内角に投げたつもりでも、もっとその内に投げられる。打者がひっくり返るぐらいのコースに投げることで、外角への球が生きてくる。その練習の成果を生かしたのである。事実、斎藤は中田の内角を強気に攻めたことで、外角へのスライダーが実に効果的に働き、中田から3三振を奪うことに成功したのだった。

 難敵を倒した早実は福井商を7-1、日大山形を5-2、そして鹿児島工を5-0と下して夏3度目となる決勝戦へと進出する。

 その最後の対戦相手が史上2校目となる夏3連覇を狙う王者・駒大苫小牧(南北海道)だった。試合はこの大会、体調不良で救援登板が多かった駒苫のエース・田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)が3回途中から登板し、斎藤との壮絶な投手戦が展開されることに。その均衡が破れたのが、8回表1死から。駒苫は2番・三木悠也が中堅への本塁打を放って先制する。だが、その裏、早実も二塁打の桧垣晧次朗が駒苫の中継ミスで三塁に進み、4番・後藤貴司の中堅飛で同点に。結局、このあとは両軍とも得点出来ず、15回を戦い抜いての引き分け再試合となったのである。この試合、15回を完投した斎藤は16奪三振をマークしたものの、再試合では4連投となり、その疲れが懸念されていた。

 その決着の時。早実は初回に2四球2安打で1点を先制する。ここで駒苫はすかさず、田中をリリーフに送ったが、早実は2回裏に1番・川西啓介の左翼線への適時二塁打で1点追加。さらに6回裏、7回裏にも適時打で計4得点。投げては斎藤が鉄腕ぶりを発揮し、8回を終わってソロ本塁打のみの1点に抑えていた。さらに最終回に3番・中沢竜也に2ランを打たれ1点差にまで迫られたが、斎藤は最後の打者・田中との対決を三振に仕留めた。

 その最後の7球目は144キロの渾身の直球。早実の長年の悲願“夏の全国制覇”、ついに達成なる。駒苫の3連覇を阻んだのは、初出場から88回も待った超名門校の意地だった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
4
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
5
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由