芸能

「大幅改編」フジテレビが石橋貴明とともに切れなかった出演者とは?

 業績回復を目指し、大ナタを振るい続けているフジテレビ。この9月には古舘伊知郎やさまぁ~ずといった大物タレントの番組が次々と終了するという。その一方で4月にスタートした「石橋貴明のたいむとんねる」に関しては、視聴率が思わしくないにも関わらず、続行が決まっているというのだ。

「フジテレビでは10月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ』に石橋の妻、鈴木保奈美を起用しており、石橋・鈴木夫妻への“忖度”で『たいむとんねる』の続行が決まったと噂されています。それに『たいむとんねる』が放送されている月曜23時台はNHK、日テレ、TBS、テレ東が報道番組を放送する激戦地帯。テレ朝だけはバラエティ番組の『激レアさんを連れてきた。』を放送していますが、『激レア~』では絶大な男性人気を誇る弘中綾香アナを起用しており、視聴率は安定しています。この中でフジテレビはどうあがいても真正面から戦っていくのは無理なので、石橋のギャラを除けば低予算番組の『たいむとんねる』を放送し続けるのは、むしろ都合がいいのかもしれません」(テレビ誌のライター)

 そんな消極的な理由で続投が決まっている石橋のほかにも、フジテレビには切りたくても切れない出演者がいるという。

「平日朝の情報番組『とくダネ!』のメインMCを務める小倉智昭です。実績のあるキャスターではあるものの、自信過剰な態度に加え、71歳という年齢もあってかその発言が世間の声とマッチしない場面が多く、批判と失笑を集めているのが現状。つい最近も、乳ガンで亡くなったさくらももこさんの訃報に接して『作品(ちびまる子ちゃん)を見たことがない』と発言し、『今言うことか!』と視聴者の怒りを呼び起こしたばかりです。メインMCが視聴者から失笑されるのは、番組自体がバカにされているのも同然ですから、フジテレビとしては忸怩たる思いでしょう」(業界関係者)

 それならばなぜ、フジテレビは小倉に対して大ナタを振るおうとしないのだろうか。しかし話は簡単には進まないというのだ。前出の業界関係者が続ける。

「小倉の所属事務所は業界内で力を持っており、様々な番組のキャスティングに影響力を持っています。そのためフジとしても、無用な波風を立たせたくないため、小倉を簡単には切れないのだとか。本人は70代にもかかわらずますます意気軒昂で、しばらくは自分から勇退を口に出すこともなさそうです」

 どうやらしばらくは、小倉の迷言に腹を立てる日々が続くことになりそうだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?