芸能

吉澤ひとみよりもファンを号泣させた「元モーニング娘。の超衝撃事件」とは

 元モーニング娘。の吉澤ひとみが9月6日、酒気帯び運転とひき逃げの容疑で逮捕され、ファンの間に動揺が広がっている。吉澤の呼気からは酒気帯び運転と判定される基準値の約4倍ものアルコールが検出され、もはや言い逃れは不可能。芸能界への復帰は絶望的と見られており、涙にくれている“よっすぃー”ファンも少なくないようだ。

 だがそんな悲惨な事件にもかかわらず、モー娘ファンの一部には「あの時よりはマシ」との感想を漏らす者もいるという。はたして吉澤の一件よりもファンに大きなショックを与えた出来事とは何なのか。アイドル誌のライターが声を潜める。

「2004年に卒業した1期生の飯田圭織が07年に開催したバスツアーは、アイドル史上で最も悲惨な現場になったと言われています。『大人の七夕祭り』と呼ばれるこのツアーはまさに七夕に開催されましたが、その前日に何と飯田の“デキ婚”が報じられたのです。その悲報をバス車内で伝えた添乗員は『七夕は一年に一度、織姫さまと彦星が出会える日』とアナウンス。おそらく飯田を織姫、ファンを彦星になぞらえたのでしょうが、ファンにとっては強烈すぎる皮肉にしか聞こえませんでした」

 楽しいはずのバスツアーが一転して、雰囲気は最悪に。しかし車内では気丈にも「カオリン、おめでとう」と口にするファンもいたという。だが飯田の結婚を祝福するファンの目からは、なぜか「汗」がダダ漏れしていたというのだ。

「しかもバス車内では短冊が配られ、願い事を書いてくださいとのこと。まかり間違っても『飯田圭織さんと結婚できますように』とは書けませんから、半ば義務的に『お幸せに!』と書いていたそうです。イベントの最後にはファンが乗るバスを飯田が駐車場でお見送り。会場を出たバスが完全に見えなくなるまで、飯田は手を振り続けていましたが、だんだんと小さくなっていく飯田の姿にファンは『手が届かないところに行ってしまった』と実感し、またもや目から汗が流れ出たのでした」(前出・アイドル誌ライター)

 すべてを捧げたアイドルが逮捕されるのも辛ければ、結婚するのもまた辛いもの。いずれにせよファンというのは厳しい生き方を余儀なくされるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声