芸能

吉澤ひとみよりもファンを号泣させた「元モーニング娘。の超衝撃事件」とは

 元モーニング娘。の吉澤ひとみが9月6日、酒気帯び運転とひき逃げの容疑で逮捕され、ファンの間に動揺が広がっている。吉澤の呼気からは酒気帯び運転と判定される基準値の約4倍ものアルコールが検出され、もはや言い逃れは不可能。芸能界への復帰は絶望的と見られており、涙にくれている“よっすぃー”ファンも少なくないようだ。

 だがそんな悲惨な事件にもかかわらず、モー娘ファンの一部には「あの時よりはマシ」との感想を漏らす者もいるという。はたして吉澤の一件よりもファンに大きなショックを与えた出来事とは何なのか。アイドル誌のライターが声を潜める。

「2004年に卒業した1期生の飯田圭織が07年に開催したバスツアーは、アイドル史上で最も悲惨な現場になったと言われています。『大人の七夕祭り』と呼ばれるこのツアーはまさに七夕に開催されましたが、その前日に何と飯田の“デキ婚”が報じられたのです。その悲報をバス車内で伝えた添乗員は『七夕は一年に一度、織姫さまと彦星が出会える日』とアナウンス。おそらく飯田を織姫、ファンを彦星になぞらえたのでしょうが、ファンにとっては強烈すぎる皮肉にしか聞こえませんでした」

 楽しいはずのバスツアーが一転して、雰囲気は最悪に。しかし車内では気丈にも「カオリン、おめでとう」と口にするファンもいたという。だが飯田の結婚を祝福するファンの目からは、なぜか「汗」がダダ漏れしていたというのだ。

「しかもバス車内では短冊が配られ、願い事を書いてくださいとのこと。まかり間違っても『飯田圭織さんと結婚できますように』とは書けませんから、半ば義務的に『お幸せに!』と書いていたそうです。イベントの最後にはファンが乗るバスを飯田が駐車場でお見送り。会場を出たバスが完全に見えなくなるまで、飯田は手を振り続けていましたが、だんだんと小さくなっていく飯田の姿にファンは『手が届かないところに行ってしまった』と実感し、またもや目から汗が流れ出たのでした」(前出・アイドル誌ライター)

 すべてを捧げたアイドルが逮捕されるのも辛ければ、結婚するのもまた辛いもの。いずれにせよファンというのは厳しい生き方を余儀なくされるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白