芸能

芳根京子、「高嶺の花」清純演技の裏で天性の魔性を指摘される“納得の理由”!

 9月12日に最終回を迎える「高嶺の花」(日本テレビ系)で石原さとみ演じる月島ももの妹・ななを好演している芳根京子。最終回予告の映像では、芳根演じるななが、伝統ある華道の流派・月島流の次期家元と決まっていたにもかかわらず月島流を破門に。さらに思いを寄せる千葉雄大演じる新興華道家・宇都宮龍一からは、正式に次期家元となったもも(石原)と結婚すると告げられ、泣き崩れるシーンがあった。

 ドラマのスタート直後は、石原演じるももが「下品」と批判され、芳根が「もも役」を演じたほうがよかったのでは?と指摘する声もあったほど正統派ヒロインのような清純イメージを終始たたえていた芳根。だが、女性誌記者はこう解説する。

「芳根は良くも悪くも正統派なんです。今回の『高嶺の花』のヒロイン・ももは正統派ヒロインではなく、情緒が安定したことのない異端なヒロイン。それゆえに芳根演じる妹のななが正統派ヒロインの要素を持っていなければ、ドラマの主軸である“明と暗”が描けなかったと言われています」

 そんな芳根は現在公開中の映画「累‐かさね‐」の宣伝のため、W主演している土屋太鳳とともに9月5日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演。ところが、この時に、普段のしぐさや何気ない会話から脳科学評論家の澤口俊之に“天性の魔性の女”と診断されたのだ。

「その理由として相手との共感を高める“じっと相手の目を見て話す”“自分の心臓に手元を持っていく”などのしぐさを連発することが挙げられていました。そのため芳根はオーディションでもこの“天性の魔性”を発揮し、合否判定を下す立場の人間の気持ちをつかんでいるのではないかと、芸能事務所関係者の間で話題になっているようです」(前出・女性誌記者)

「清純そうに見える」芳根に“魔性”という言葉は一見、不似合いのように感じる。しかし実は、そう思ってしまう感覚こそが、芳根の魔性の術中にハマってしまっていることになるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場