スポーツ

横綱・稀勢の里を相撲協会が見限った(2)代わりの力士が出そろった

 好角家の漫画家・やくみつる氏が語る。

「希望的観測を持ちうる好材料がない。細かく区切って見ていくと、序盤で2連敗ならダメでしょうし、5日目までに2勝3敗でもダメ。そればかりか現時点で、フル出場とか、優勝に絡むレベルではないのです」

 気負い込んで出場したものの、序盤から連敗してあっさり引退した横綱はゴマンといた。

 他人事のように自分を語る稀勢の里の姿勢からは、ケガが完治せず、そのため自分の相撲が取り戻せない現状に、ヤケになっている様子がうかがえる。

「そもそも横綱に昇進できたのも、いい意味で予想を裏切ったと言える。ケガをして取り口を変えろというような評論もありましたが、融通が利く器用な相撲ではないんです。場所前、左を使う全盛期を彷彿させる相撲もあって、それに期待する声も出ましたが、ここは開き直って活路を開くしかないと思いますね」(やく氏)

 実際、尾車部屋で見せた左を使う相撲には親方衆も好意的で、尾車親方などは、

「あの相撲だよ。俺は悪くないと思う。序盤を4勝1敗くらいでいけば、気持ちも乗ってくる。やってみないとわからない」

 と、同じ一門の親方として、引退論を封印してみせる。

 とはいえ、8場所連続休場の間に、周囲の見方は変わってきた。先の相撲関係者が指摘するには、

「正直言って、先場所、御嶽海が優勝し、豊山も三賞を獲得する活躍だった。稀勢の里に代わる日本人力士が出そろったことが稀勢の里復活にこだわらなくなった理由でしょうね。本人も、そうした空気に加え、一向によくならないケガにイラだちを超えて、開き直ってしまっている。それが自嘲気味のコメントになっているのではないですか」

 この危機は本人がいちばん痛感していることかもしれない。

 中澤氏がこぼす。

「結局、横綱に昇進してからは、出ても途中休場が続き、千秋楽まで出たのは初優勝したわずか1場所だけでしょう。ファンとしてはなんとか復活してほしいが、このままでいけば、悲劇の横綱で終わってしまう」

 師匠・隆の里は千代の富士の全盛時代にあって、糖尿病を克服して横綱に昇進した。優勝経験は4回しかないが、そのうち2回が全勝優勝という記録を残している。千代の富士の天敵として君臨し、千代の富士をして「隆の里がいたからこそ、自分はここまでやれた」と言わしめたほどだ。

 その愛弟子・稀勢の里はこのまま終わってしまうのか──。

 やく氏は言う。

「もう一度、予想を裏切ってほしいんですけどね」

 秋場所真っただ中である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人