スポーツ

大坂なおみ、殺到する「スポンサー企業」の実名を錦織圭との対比で読み解く!

 全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム大会優勝を果たした大坂なおみに、スポンサー契約が相次いでいる。全米オープン開幕の8月26日にはシチズンのブランドアンバサダー就任を発表。また、凱旋帰国を果たした9月13日には、日産自動車のブランド大使に就任し、日本を代表するスポーツカーの「GT-R」贈呈が決まった。さらに別の分野でも新たな契約が見込まれているという。スポーツ系ライターが指摘する。

「今回の凱旋帰国で、大坂はロサンゼルス発のANA便で帰国しました。プロテニス選手は文字通り世界を飛び回っており、男子テニスの錦織圭ではJALがオフィシャルパートナーとなっています。それゆえ大坂に関してはライバルのANAが、錦織と同様のパートナー契約を結ぶのではないでしょうか。その大坂を巡っては錦織と契約できなかった企業が殺到している状況です」

 錦織は現在18社とスポンサー契約を結んでおり、業種も多岐にわたっている。その錦織と比較すると、大坂に群がるスポンサーの内訳が鮮明になってくるというのだ。

「日産との契約はライバル企業のトヨタのみならず、外国メーカーも出し抜いた形。錦織はジャガーとの契約で『XE KEI NISHIKORI EDITION』というオリジナルモデルも用意されていますし、日産としては大坂を外国メーカーに取られてなるものかという決意だったことでしょう。腕時計ではスイスのタグホイヤーが錦織と契約しており、こちらでもシチズンが並み居る海外の高級ブランドを抑えての契約に成功。シチズンは25年にわたって全米オープンの公式タイムキーパーを務めており、そこで大坂が優勝したのはシチズンにとっても象徴的な出来事なはずです」(前出・スポーツ系ライター)

 そして注目はやはり、アディダスとの年間850万ドルにも及ぶ巨額契約の噂だ。スポーツ系ライターが続ける。

「錦織もかつてはアディダスと契約していましたが、ウェアについては11年からユニクロに変更し、シューズ契約も昨年からナイキになっています。大坂はアメリカ国籍も持ち、アメリカ企業のナイキやアンダーアーマーが食指を伸ばしていたのは確実。大坂の憧れであり、決勝で対戦したセリーナ・ウィリアムズもナイキと契約していますし、アディダスでは大坂との契約を継続するために、契約金以外の部分でも多大なサポートを約束しているはずです」

 なお、錦織と大坂の両方と契約しているのは、所属契約を結んでいる日清食品と、イメージキャラクター契約のWOWOWのみ。日本テニス界ではこの2社が最大の勝ち組なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
水原希子、映画「彼女」でマッパ“馬乗り合体”の「前後スライド」が激艶!
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」