芸能

「記憶違い」に「発言スルー」!?明石家さんまに囁かれる“マジでヤバい”の声

「明石家さんまに、徐々に老いが忍び寄っている」、と言われたらアナタは疑問に思うだろう。出れば必ず爆笑をさらい、フリ、ボケ、ツッコミ、一発ギャグ、天丼、スカシ、例え表現、オーバーリアクションと、すべての「笑い」に長けた“お笑い怪獣”だ。

 だが、業界関係者から言わせると、すでに10年ほど前から精彩を欠くことが多くなってきたという。どういうことなのか?

「他人の発言に対して、必ずしも“拾えなく”なってきているのです。それを広げれば話がふくらむところに瞬時に返せなくなっているのか、あえてスルーしているのかはわかりません。ですが、かつてのさんまなら、そこを拾って、2倍にも3倍にも笑いを増幅させていたのですが…」(業界関係者)

 さらに致命的なのは、さんまには最近、記憶違いが目立つことだ。8月7日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)では、結婚生活を語る若槻千夏に対し、「お前初婚か!?」「離婚してないのか?」さらには「一回離婚したやないかい!」と追及。若槻を慌てさせていた。

「おそらくですが、さんまは、“若槻千夏”を“益若つばさ”と混同していたのではないでしょうか。同じような服のプロデュースもしていますし、バラエティでの活躍経験もある。当然、似たような名前ですしね。さんまは『オレの頭の中の週刊誌(では)、お前一回離婚してる』と笑いを誘っていましたが、司会者はしっかり覚えておいてほしいものですね」(芸能ライター)

 だが、この“勘違い”はこの後にも起きていた。8月29日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、離婚を2回し、現在も独身の女優・ともさかりえに、今度は「してるよな結婚」と尋ねたのである。

「彼の中では、まだ、ともさかは結婚していたという情報で止まっていたのでしょう。共演経験もそこまでないでしょうし。ただ、これも若槻の場合同様、せめてMCである以上、きちんとゲストの身辺を把握しておかなければいけないのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 ほかのMCであれば大問題。カットされる場面の候補になっていたことだろう。もしくはこのご時世、「炎上」案件になっていた危険性もはらんでいた。

「お笑い帝王」といまだに呼ばれ、もてはやされるさんま。今後、「裸の王様」にならないことを祈るばかりだが…。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!