芸能

永野芽郁「半分、青い。」衝撃の“お漏らしシーン”に視聴者から総ツッコミ!

 9月24日、永野芽郁主演のNHK朝ドラ「半分、青い。」の最終週となる第151話が放送された。今回から、東日本大震災以降の世界が描かれているという。

「151話では、震災から数日後、主人公の娘である花野が『学校に行きたくない』と、佐藤健演じる律に打ち明けるシーンが描かれました。その際、地震発生時の様子が回想で流れたのですが、彼女は揺れの恐怖で服を着たまま教室で放尿。そのせいで男子たちから『うわ?! 漏らしてる! お漏らし、お漏らし! きったねぇ』と、からかわれるという内容でした」(テレビ誌記者)

 この告白に、律は「わかるな~。自分もシャワーの時は漏らしそうになる」と慰めるのだが、花野は「終わった…」と肩を落とし、登校拒否状態となってしまう。

 一方、母親である主人公・鈴愛は、お漏らしの事実を知らされていなかったことでショックを受けるものの、視聴者からはあるツッコミが相次いでいるという。

「花野はお漏らし後、保健室で別の衣類に履き替えてから帰宅しました。にもかかわらず、母親が娘のお漏らしに今まで気が付かなかったという展開に関して、視聴者の間では『替えのパンツを保健室でもらったのなら、元のパンツは袋に入れて持たされるだろうし、母親が気が付かないのはおかしい!』『娘のパンツが違ったら気付くはずだ!』『本当にちゃんと子育てしてるのだろうか』と異論が噴出する事態となりました」(前出・テレビ誌記者)

 また「最終週にお漏らしの話題をやるのかよ!」という驚きの声もあがっている「半分、青い。」。はたしてラストまでに、この問題は決着がつくのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張