芸能

ビートたけしの名言集「新春ライブを1月あたりにやるか!」

「じゃーよ、年内にもう1発ライブやっとくか! おい、マネージャーに言ってよ、12月の俺のスケジュール、どっか押さえてもらえ」

 つい先日、「殿、こちらがこないだのライブのDVDになります」と、9月4日に開催された「ビートたけし単独ライブinくまもと」の映像をお届けすると、ややうれしそうにディスクを受け取った殿は、

「どうだ、ビデオで見てもちゃんとウケてたか?」

 と、まずは“客観的に見たライブの感想”を求めてきたのです。

「殿、映像で見直しても、どっかんどっかんウケてますね」と、改めて映像で確認した感想を正直に伝えると、「そうか」とニヤッとした殿は、続けて、冒頭の指示を出してきたのです。ただ、今から12月まではほぼ2カ月ちょっとしか時間がなく、その期間でそれなりの会場を押さえ、スタッフを手配するのはかなり厳しいため、わたくしもすぐにやりたいのは山々ですが、内心では、〈現実的に考えて、12月開催は無理だな〉といった感想を、まずは抱きました。はい。

 ちなみに、たとえ会場が取れ、スタッフさんの準備ができたとしても、毎年12月はびっちり年末&正月特番の収録が入る、間違いなく1年で一番忙しい時期のビートたけしです。マネージャーに確認するまでもなく、スケジュールを取るのは大変困難なため「今年中にもう1発」は、やはり無理な相談なのです。そういった訳で、殿のやる気をそぐようで申し訳ないとは思いましたが、「殿、たぶん今からそれなりの会場を取るのは厳しいと思います。ですので、来年の1月か2月あたりの開催でどうでしょうか?」と、妥協案を提示。すると、殿は何のちゅうちょもなく「そうだな」と、すぐさま承諾し、続けて、

「だったらあれだ。新春ライブってことにしてよ、1月あたりにやるか!」

 と、納得したのでした。

 さらに、

「それだったらよ、今年、俺の小説がもう何冊か出るから、その本を買ったファンには、ライブのチケットを優先して取れるようにするか」

 と、実に理にかなった特典を口にされたのです。

 ただし、このままで終わらないのが殿です。続けて、

「でも、やっぱりあれだな。本を買ったファンには〈ライブチケットの抽選を優先する気持ちがあります〉ってやっといてよ、特に何もしないで、最後には〈本を購入された方は漏れなく、本を購入されなかったファンと同じように、一般抽選に参加できて、なおかつ定価で購入できる権利が発生いたします〉ってのをやるか!」

 と、“本を購入しても、結局、何の特典もねーのか!”といった遊びを、笑いながら提示したのでした。

 とにかく、地方開催となるのか? はたまた東京での開催になるのか? 1月か2月か? まだ何も決まっていませんが、とりあえず、年明け早々、かなり早い時期に「たけし単独ライブ」開催濃厚です。その際は、是非!

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人