スポーツ

的中!貴乃花部屋消滅は「若貴ブーム」の頃から“予言”されていた

 貴乃花親方の“引退届”が受理されたが、騒動は一件落着とはいかないようだ。10月2日、貴乃花部屋の力士たち8人が転属先の千賀ノ浦部屋への引っ越しを始めたが、その見送りの場におかみさんである景子夫人の姿がなかったのだ。

「彼女が帰宅したのは、弟子たちが出発してしまった後でした。最後の最後になって、見送りもできないなんて」(関係者)

 弟子たちが出発する時間を知らせていなかったとすれば、夫婦間でのやり取りがされていなかったことになる。それだけではない。貴の協会批判は“遺伝子”でもあった。母、藤田紀子さんは「若貴が現役を引退し、別の仕事に就きたいと言ったら、応援します」と言っていた。それも、若貴ブームの最中に、だ。今回の騒動後、一部メディアで「協会を辞めると思っていた」とコメントしていたが、親方業を継いでほしくないと思っていたのが真相だ。

「閉鎖的な相撲協会の体質を知っていたからで、父でもある師匠の二子山親方も一門制にも批判的でした。貴は父親のそうした言動を聞いて育ちました」(前出・関係者)

 母、兄も貴のもとを離れて行き、意見できる者が一人もいなくなった。師匠・二子山親方も頑固で無口だったが、貴と異なる点がある。二子山親方は我慢強く、不平不満を誰かにぶつけることはしなかった。貴乃花部屋の消滅は運命だったのかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは