スポーツ

的中!貴乃花部屋消滅は「若貴ブーム」の頃から“予言”されていた

 貴乃花親方の“引退届”が受理されたが、騒動は一件落着とはいかないようだ。10月2日、貴乃花部屋の力士たち8人が転属先の千賀ノ浦部屋への引っ越しを始めたが、その見送りの場におかみさんである景子夫人の姿がなかったのだ。

「彼女が帰宅したのは、弟子たちが出発してしまった後でした。最後の最後になって、見送りもできないなんて」(関係者)

 弟子たちが出発する時間を知らせていなかったとすれば、夫婦間でのやり取りがされていなかったことになる。それだけではない。貴の協会批判は“遺伝子”でもあった。母、藤田紀子さんは「若貴が現役を引退し、別の仕事に就きたいと言ったら、応援します」と言っていた。それも、若貴ブームの最中に、だ。今回の騒動後、一部メディアで「協会を辞めると思っていた」とコメントしていたが、親方業を継いでほしくないと思っていたのが真相だ。

「閉鎖的な相撲協会の体質を知っていたからで、父でもある師匠の二子山親方も一門制にも批判的でした。貴は父親のそうした言動を聞いて育ちました」(前出・関係者)

 母、兄も貴のもとを離れて行き、意見できる者が一人もいなくなった。師匠・二子山親方も頑固で無口だったが、貴と異なる点がある。二子山親方は我慢強く、不平不満を誰かにぶつけることはしなかった。貴乃花部屋の消滅は運命だったのかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…