芸能

広末涼子、清野菜名、石田ゆり子…あの芸能美女のアスリート伝説を徹底調査

 スポーツの秋到来! バドミントンの桃田賢斗やテニスの大坂なおみの活躍に胸を躍らせた読者も多いだろう。しかし、その美貌や演技に胸を躍らせた、あの芸能美女たちも、かつてはスポーツ少女として大活躍していたことをご存知だろうか。

 人気女優の広末涼子にも、スポーツに打ち込んだ時代があった。

「中学時代、陸上部に在籍していた広末は、走り高跳びで県大会2位入賞を果たしています。同じ走り高跳びでは、NHK朝ドラ『半分、青い。』で最終週に非業の死を遂げる裕子を演じた清野菜名が中学時代、バスケットボール部に在籍しながら走り高跳びで160センチをクリア。09年の全国大会に出場した経歴があります」(芸能ライター)

 過去の実績ではなく、今まさにスポーツ美女として輝く芸能人もいる。

「グラドルのほか、女優としても活躍している中村静香が、今年7月1日に開催された『函館マラソン』に“サブ4”(4時間切り)を目指して出場。4カ月の特訓、そして、『飲み方がカワイイ』ことでも知られる中村が、2カ月間大好きなお酒を断って挑戦した結果、4時間5分48秒という好タイムでゴール。“サブ4”は惜しくも逃しましたが、29歳以下の一般女子の部で第8位という素晴らしい成績でした」(グラビア誌編集者)

 芸能美女の中には、オリンピックを狙えるところまで極めた人も。

「アラフィフ女優として大人気の石田ゆり子は子どもの頃、妹・ひかりが始めたことに影響されて水泳を習い、やがて神奈川県の代表に。ジュニアオリンピックで全国8位となり、84年のロス五輪出場を狙えるほどの実力だったそうです。グラドルの手島優も、3歳から10年間、水泳に明け暮れ、ジュニアオリンピックの候補生にまでなっています」(週刊誌記者)

 10月3日に発売された「アサ芸シークレットVol.54」では、これら芸能美女の意外なアスリート伝説を徹底調査。秋の夜長、あの女優、あのグラドルがスポーツで躍動する在りし日の姿を、この1冊で妄想してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白