芸能

広末涼子、清野菜名、石田ゆり子…あの芸能美女のアスリート伝説を徹底調査

 スポーツの秋到来! バドミントンの桃田賢斗やテニスの大坂なおみの活躍に胸を躍らせた読者も多いだろう。しかし、その美貌や演技に胸を躍らせた、あの芸能美女たちも、かつてはスポーツ少女として大活躍していたことをご存知だろうか。

 人気女優の広末涼子にも、スポーツに打ち込んだ時代があった。

「中学時代、陸上部に在籍していた広末は、走り高跳びで県大会2位入賞を果たしています。同じ走り高跳びでは、NHK朝ドラ『半分、青い。』で最終週に非業の死を遂げる裕子を演じた清野菜名が中学時代、バスケットボール部に在籍しながら走り高跳びで160センチをクリア。09年の全国大会に出場した経歴があります」(芸能ライター)

 過去の実績ではなく、今まさにスポーツ美女として輝く芸能人もいる。

「グラドルのほか、女優としても活躍している中村静香が、今年7月1日に開催された『函館マラソン』に“サブ4”(4時間切り)を目指して出場。4カ月の特訓、そして、『飲み方がカワイイ』ことでも知られる中村が、2カ月間大好きなお酒を断って挑戦した結果、4時間5分48秒という好タイムでゴール。“サブ4”は惜しくも逃しましたが、29歳以下の一般女子の部で第8位という素晴らしい成績でした」(グラビア誌編集者)

 芸能美女の中には、オリンピックを狙えるところまで極めた人も。

「アラフィフ女優として大人気の石田ゆり子は子どもの頃、妹・ひかりが始めたことに影響されて水泳を習い、やがて神奈川県の代表に。ジュニアオリンピックで全国8位となり、84年のロス五輪出場を狙えるほどの実力だったそうです。グラドルの手島優も、3歳から10年間、水泳に明け暮れ、ジュニアオリンピックの候補生にまでなっています」(週刊誌記者)

 10月3日に発売された「アサ芸シークレットVol.54」では、これら芸能美女の意外なアスリート伝説を徹底調査。秋の夜長、あの女優、あのグラドルがスポーツで躍動する在りし日の姿を、この1冊で妄想してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声