芸能

視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ

 阿部寛が主演を務めるテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)の、10月14日放送の初回視聴率が、13.9%だったことがわかった。この記録は、予想されていた数字を下回るという。

「2015年に放送された『下町ロケット』第1作目は、初回視聴率が16.1%、そして最終回では22.3%まで数字を伸ばす人気ドラマとなりました。それだけに続編は、最低でも前作で初回に記録した16%はいくだろうと思われていたのですが、フタを開けてみれば13%台という微妙な結果に。これにはTBS関係者も期待外れという気持ちでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな第1話では、イモトアヤコが天才エンジニアとして登場し、涙を流しながら長台詞を言うシーンが注目を集めた。また前作に続き、芸人では今田耕司や恵俊彰なども主要キャストとして顔をそろえている。

 しかしこのキャスティングに関して、ドラマファンからは批判的な意見が多く飛び交っているという。

「TBSの日曜劇場は、お笑い芸人、アナウンサー、歌舞伎役者などを俳優として起用する傾向にあります。そして『下町ロケット』でもその流れは続いているのですが、SNSやドラマファンが集まるネット掲示板では『さすがに芸人が出すぎ。バラエティの印象が強いから、違和感でドラマに入り込めない』『“この芸能人を起用するのは意外性があるでしょ?”という制作側のキャスティングが鼻に付く。しかもうまくいってないし』『芸人が多すぎて気が散るからチャンネル変えた。お笑いでも本当にうまい人だけを起用してほしい』と、ドラマの不満はキャスティングに関する意見が大半を占めています」(テレビ誌記者)

 例えば、今期でも高視聴率を記録している「ドクターX」チームによる「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)は、主要キャストに小日向文世など知名度だけでなく実績のある役者を起用し、視聴者から好評を博している。今回、「下町ロケット」が微妙な視聴率となったのは、キャスティングの影響があるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
5
「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声