芸能

視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ

 阿部寛が主演を務めるテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)の、10月14日放送の初回視聴率が、13.9%だったことがわかった。この記録は、予想されていた数字を下回るという。

「2015年に放送された『下町ロケット』第1作目は、初回視聴率が16.1%、そして最終回では22.3%まで数字を伸ばす人気ドラマとなりました。それだけに続編は、最低でも前作で初回に記録した16%はいくだろうと思われていたのですが、フタを開けてみれば13%台という微妙な結果に。これにはTBS関係者も期待外れという気持ちでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな第1話では、イモトアヤコが天才エンジニアとして登場し、涙を流しながら長台詞を言うシーンが注目を集めた。また前作に続き、芸人では今田耕司や恵俊彰なども主要キャストとして顔をそろえている。

 しかしこのキャスティングに関して、ドラマファンからは批判的な意見が多く飛び交っているという。

「TBSの日曜劇場は、お笑い芸人、アナウンサー、歌舞伎役者などを俳優として起用する傾向にあります。そして『下町ロケット』でもその流れは続いているのですが、SNSやドラマファンが集まるネット掲示板では『さすがに芸人が出すぎ。バラエティの印象が強いから、違和感でドラマに入り込めない』『“この芸能人を起用するのは意外性があるでしょ?”という制作側のキャスティングが鼻に付く。しかもうまくいってないし』『芸人が多すぎて気が散るからチャンネル変えた。お笑いでも本当にうまい人だけを起用してほしい』と、ドラマの不満はキャスティングに関する意見が大半を占めています」(テレビ誌記者)

 例えば、今期でも高視聴率を記録している「ドクターX」チームによる「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)は、主要キャストに小日向文世など知名度だけでなく実績のある役者を起用し、視聴者から好評を博している。今回、「下町ロケット」が微妙な視聴率となったのは、キャスティングの影響があるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
戸田恵梨香、「大恋愛」最終回で視聴者が寄せた「大号泣ポイント」と“不満”!
2
“第4子命名公表”に祝福の声続々!?辻希美の好感度がグングン上がる理由
3
Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声
4
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!
5
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…