芸能

HIKAKINの「ガキ使出演」にテレビ業界人が複雑な表情を見せるワケ

 人気YouTuberのHIKAKINが、10月21日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)に出演することが決まった。次回予告での情報公開後、HIKAKIN自身もツイッターで出演を明かしたもの。本人が「まさかあそこまで身体張ると思わなかった」とつぶやくなど、相当ハードな収録になった模様だ。

 この出演決定にネットでは「HIKAKINすげえ!」「絶対に観る!」など絶賛の声が続出。中には「HIKAKINって誰だよ?」といった否定的な声もあるものの、今回の出演はおおむね歓迎されているようだ。そんな話題性あふれるHIKAKINについて、テレビ誌のライターが指摘する。

「この一報をテレビ業界は喜ぶべきでしょう。何しろYouTuberでトップのHIKAKINが、あえてテレビへの出演を選んだわけですから。若者のテレビ離れは以前から叫ばれていますが、テレビ業界側では『テレビを観ない若者も、テレビには出たがっている』という感触を持っています。それはすなわちネットよりもテレビのほうがステータスが高いということであり、HIKAKINの『ガキ使』出演はそれを証明したも同然。そういったテレビへのあこがれがある限り、いくらネットが伸びたとしても、テレビが先細りになることはないでしょう」

 何よりHIKAKINのファンが彼のテレビ出演を喜んでいること自体、テレビが持つステータスの高さを表しているようなものだ。このようにテレビ復権を感じさせるHIKAKINの『ガキ使』出演だが、業界内には危機感を持つ人も少なくないという。制作会社スタッフがささやく。

「異分野からテレビに寄ってきてくれるのは嬉しいことですが、テレビというのは本来、全国的な知名度を持つ人気タレントを生み出す場であったはず。テレビに出ることにより、全国区になったと認識されていたものです。ところが今回のHIKAKINはすでに全国区の著名人であり、テレビのほうがHIKAKIN人気に乗っかった形に見えてもおかしくありません。彼が今後もテレビに出続けるなら、テレビ側が彼をどう位置付けていくのか、見ものかもしれません」

 テレビ側にとって幸いなのは、HIKAKINのような「ネット発の有名人」はさほど多くないということ。だがそんな油断をしているとすぐにでも、足元をすくわれるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」