芸能

人気女性アーティストに突発キス迫った「四千頭身」はM-1“台風の目”

 その脱力系漫才が受け、結成3年目ながら若者を中心にファンを増やしているお笑いトリオの「四千頭身」が、人気女性アーティストにキスを迫るという驚きの場面が映し出された。10月24日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)の中で、未来のスターを発掘するオーディション企画に登場した四千頭身について、お笑い系のライターが語る。

「2015年の秋にワタナベコメディスクールの同期生で結成された四千頭身は、ネタの内容はもちろん、単独ライブのチラシが全部手描きだったりと徹底した脱力ぶりが特徴。イケメン不在ながら女子人気は相当高いものがあります。キングオブコント2018で優勝したハナコとは同じ事務所で、合同単独ライブの『ハナ頭身』も満員御礼になるなど、若手の最注目株と言っていいでしょう。M-1グランプリ2018では準々決勝進出を決めており、台風の目になりそうです」

 トリオの中でも中心的なメンバーは、ネタ作りを担当する後藤拓実。彼のキョドりつつも淡々とテンポ良くツッコむスタイルは、新時代のお笑いとして高く評価されている。その後藤が「ナカイの窓」で見せた狼狽ぶりについてお笑い系のライターが続ける。

「女性ロックバンド『SCANDAL』の大ファンだという後藤は、メンバーのTOMOMIに会いたくて芸人になったと告白。するとスタジオにSCANDAL本人が現れ、思わず『テレビすげえ!』と感激していました。ここで司会の中居正広から、あこがれの人を前に何をお願いしたいかと問われると、それまでおどおどしていた後藤はおもむろに『チューできるんですか!?』と前のめりになり、21歳男子ならではの欲望を丸出しにしたのです。その願いは軽くあしらわれるも、TOMOMIに対して『ゴハンに行ってください』と手を差し出すと、何と『お願いします』との返事が。しかも放送終了後にはTOMOMIからツイッターで『ご飯たのしみにしています』というリプをもらい、まさに人生の絶頂期を感じたことでしょう」

 4月からは芸人としては最年少のパーソナリティとして「オールナイトニッポン0(ZERO)」にもレギュラー出演している四千頭身。若者事情に疎い読者諸兄は、その名前を覚えておいても損はなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方