芸能

「著書がバカ売れ」オードリー若林はガールズバーで性格改造に成功していた!

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭の著書「ナナメの夕暮れ」がバカ売れしている。

 1296円の単行本ながら発売2週間で10万部を売り上げる売れっ子作家並みのモテっぷり。重版に次ぐ重版で笑いが止まらない状態だという。

「そもそも雑誌に連載したエッセーに書き下ろしを加えた本。一度は世に出ているわけだから、そんなに売れると思わないじゃないですか。それが売れたから、もうびっくりですよ。南海キャンディーズ・山里亮太の本『天才はあきらめた』が10万部突破といっても、あちらは文庫本ですから。売上高も違えば、作者に入る実入りも桁違いですよ。若林は本作の前編にあたる『社会人大学人見知り学部 卒業見込』で作家デビュー。2作目のエッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』で斎藤茂太賞を受賞するなど、今や押しも押されもせぬ“大作家先生”です」(スポーツ紙記者)

 売れた理由は何か。ひとえにそれは「共感力」に尽きるのではないか。というのも、若林は物心ついたころから、自意識過剰な超人見知りを抱え、イライラの日々を過ごしていた。ひな壇芸人だった若手の頃は人見知りでも話を振ってもらい成立した仕事が、年齢を重ねてMCを任されるようになって激変。トークがうまく回せず、場がまったく盛り上がらなかったことに気づき、がく然としてしまう。「荒療治」と称して、自ら性格改造に挑戦した実話が秀逸だった。そんな若林の著書に、読者は生きづらい自分を持て余した若林に自分の姿を重ね、救いを求めるうちにどっぷり共感してしまうようなのだ。

「10月20日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、若林みずからがその性格改造の方法を告白しました。それは、人見知りを克服するため、ガールズバーに通ったこと、客いじりの荒い女性たちにぶっつけ本番でトークを仕掛けたことでした。そして、相手を質問攻めにすれば、トークがどんどん回ることに気づき、『お笑いナタリーの記者』になったつもりで、インタビュアーよろしく話を続けていった。場を重ねて、強すぎる自意識が減り、警戒心や羞恥心が消え、カッコつけて斜に構える癖も次第に抜けていったそうだ」(芸能ライター)

 これだけ好評にもかかわらず、次回作の予定は当分ないという。来年3月、「オードリーのオールナイトニッポン」放送10周年記念の日本武道館ライブを開催するため、もっかネタ作りにかかりきり。何とももったいない!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!