芸能

カンニング竹山は「ボヤキ節」、おぎやはぎは「絶縁」の“アノ受賞式”余波!

「第31回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式が10月22日、行われた。

「芸能界部門」に豊川悦司、「文化界部門」に加藤綾子。今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」にモーニング娘。’18、「サングラス部門」にダレノガレ明美が選ばれた。

 この人選に恨み骨髄だったのが、眼鏡をかけたお笑い芸人のカンニング・竹山。自身の公式ツイッターで10月23日、〈メガネドレッサー賞 俺も今年もとれず。禿げてるからか?〉とつぶやいた。どこか寂し気な眼鏡の写真を一緒にアップしたところ、100件を超えるリツイートが舞い込んだ。「来年に期待」「気長に待ちましょうね」といった慰めが見られた半面、「メガネを大事にしてないボケとかするからです。笑いで簡単に壊されたりするからです。選びませんよ、メガネの使い方が間違ってるから」という何やら眼鏡業界関係者のような意見や、「逆になぜ賞をとれると思ったんだ?」というズバリの指摘もあった。

「竹山は3年前、ある番組で長年眼鏡をかけているにもかかわらず、メガネベストドレッサー賞にスルーされていることを取り上げ、ブチ切れたことがあります。その顛末は報道されたものの、その後かすりもしないままでした。賞は眼鏡業界関係者からの支持に基づいて選考しているので、竹山を支持する人がいないということなんでしょう」(スポーツ紙記者)

 眼鏡をかけたお笑いコンビ・おぎやはぎも選考結果に怒り心頭だ。10月25日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)で、メガネベストドレッサー賞との絶縁宣言をぶちかました。矢作兼は「ふざけやがって。堪忍袋の緒が切れたな。もうオレは受けない。メガネベストドレッサー賞とは、ケンカ別れです。もう依頼してきたって受けないよ」と受賞拒否、賞との“絶縁”を宣言した。

「合点がいかないと選考結果にブチキレてましたね。ヒートアップする相方に、小木博明も『向こうも全然、そのつもりないだろうしね、多分絶対こないよ』と自虐モードでした」(芸能ライター)

 基準は、知名度より好感度の高さ優先なのかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?