エンタメ

テレビコマーシャル50年 我が青春のCMヒロインたち(2)インタビュー小野真弓アコムCM撮影秘話 「足モジモジはO脚を隠すためだったんです。」

「ららら~♪はじめてのアコム」。軽快なCMソングと爽やか笑顔で消費者金融業界のイメージを刷新したのが小野真弓(30)。CM撮影当時の〝はじめての裏話"を本人に直撃!


―― 初めてOAされたのは02年でしたね。
 当時は21歳で、オーディションに合格した時はうれしかったですね。
―― どんな審査があった?
「いらっしゃいませ」と接客をする実技がありました。私、高校生の頃からウエートレスやアイスクリーム屋さんなどでアルバイトしていたので接客は得意なんです。それに顔が笑い顔なんで(笑)。
―― 選考の決め手は自然な笑顔だった?
 最終選考には、背の高いモデルさんみたいな人や物凄い美人の方がいたんですが、最終的にはアコムの社内で投票を行って決めていただいたようです。合格した理由を聞いたら、「身近にいそうで親近感があるから」って(笑)。それまでは〝普通.がコンプレックスだったのに、〝普通"で得したみたいな感じですね。
―― その最終選考にあの鳥居みゆきさんがいたとか?
 噂で聞いてビックリしました。同じ事務所なので、のちのち「スターになりそこねた」とネタにされているのをお見かけしましたが、ホントかどうか確証はないんですけど、ホントなら不思議ですよね。
―― CMがOAされるや、話題沸騰となりましたね。
 アコムさんには「あの娘はどこのお店にいるの」という問い合わせが殺到したみたいです。私も道端で声をかけられるようになりました。でも、「どちらのお店に勤めているんですか?」と聞かれて、これは困ったゾと。正直に答えるべきか迷って、「(事務所のある)四谷のほうに」とか答えてしまった記憶があります。
―― 男性ファンも激増した?
 しばらくして写真集を出してから、一気に「ファンです」と声をかけられる回数が増えました。
―― 半分くらいはアコムの社員だと信じてた?
 どうなんでしょう。少なからずいたと思います。写真集の帯にアコムのCMの制服姿を載せてもらったことで、顔が一致したおかげもあるので、感謝しています。
――「はじめての―」という言葉が代名詞になりましたね。
 CMには2年半出演しましたが、最初は名前が「佐藤」だったのが、「小野」になったり、CMソングも途中から歌わせていただきました。いろいろなバージョンがありましたね。
―― いちばん印象深かったは? やはり、オーディションに受かって最初に撮影したバージョンです。コールセンターでインカムを頭につけて「お電話ありがとうございます」と言う「声の笑顔編」ですね。撮影の時は、朝早くて顔がむくんだりしないように、撮影の2時間前に起きて顔面体操をして顔を起こしてました。鏡に向かって極端な変顔をしたりも(笑)。
―― 爽やかCMは変顔から生まれた!?
 CMの最後には毎回「はじめてのアコム」とポーズを取るカットがあるんですけど、あれは実はO脚が恥ずかしくて膝をくっつけようとピョコピョコ、モジモジしていたんです。それが「しぐさがイイね」ということでOKになりました。
―― まさに、コンプレックスが長所になるCMマジック。
 CMに出たことで、たくさんいろんなチャンスをいただくようになってガラッと環境が一変しました。一生忘れない仕事ですね。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは