社会

かの偉人たちに学ぶ「歴史的健康術」(5)<幕末~明治の英傑>山県有朋「海水風呂」

 幕末から明治。激動の時代の英傑たちのエネルギーは凄まじかった。ただし、それを支えた健康法は、人それぞれのくふうがあったようだ。

 慶應義塾の創設者・福沢諭吉は著書「学問のすゝめ」で、英語の「health」を「健康」と和訳し、「健康」という概念を一般に紹介。そして積極的に運動を行って、病気にかからない体作りを提唱したのだ。

「彼は朝の散歩と米搗(つ)きを欠かしませんでした」(植田氏)

 朝の散歩と中津藩士時代以来の居合抜きで体を鍛えたのだ。66歳で没しているが、亡くなる前まで激しい運動を続けていた。

 一方、早稲田大学の創始者である大隈重信も、独自の健康論を展開していた。「人間は生理学的に125歳まで生きられる」と唱え、早寝早起きをし、激しい運動は避けて「ストレスをため込まない生活」を続けた。

 76歳で第2次大隈内閣を組閣した際のインタビューでは、こう豪語している。

「しゃくに障る時は風呂に入る。当世の人のようにせっけんを用いないで、昔風に大袋にぬかを入れてゴシゴシ体を摩擦すると、自然にかんしゃくがやわらいでくる」

 これが、亡くなる83歳まで“現役”を貫き通した秘訣だったようだ。健康面での早慶戦は動の慶應、静の早稲田といったところか。

 ところで、永山氏が語ったように、セックスと健康は切り離せない。好色こそがエネルギー、健康の源と豪語していたのは、初代総理大臣・伊藤博文である。68歳でハルピン駅にて暗殺されるまで、まさに“英雄色を好む”人生だった。

 女が掃いて捨てるほどいたため「ほうき」というあだ名がついたほど。性科学を研究、性の歴史にも詳しいセックスコンサルタント・秋好憲一理学博士が解説する。

「彼は次々と芸者に手をつけ、しかも自宅に連れ帰る。なんせ帰宅途中の馬車の中でもコトに及んだというから、その絶倫ぶりがうかがえます。中には13歳の芸者もいたというし、彼が40度の高熱を出した時にも、両側に芸者2人をはべらせたという豪者でした」

 その2人の芸者と3P乱交に及んだとされるから、驚きである。

 “好色健康法”なら勝海舟も負けてはいない。76歳で亡くなるまで、パワーの源は女性だった。33歳の時、江戸に妻子を残して海軍伝習のため長崎へ赴任している。この間に愛人ができて子供も授かっているが、愛人はこればかりではない。住み込みのお手伝いとの間にも子供ができ、妻と一緒に生活をするという破天荒な私生活を送った。生涯に少なくとも5人の愛人に計9人の子供を産ませている。

 さて、明治の偉人で健康について語るなら“元勲”山県有朋に尽きる。彼こそ元祖健康オタクだった。

「若い頃は大酒豪でしたが、青年期にリウマチを患い、日清戦争時、第1軍司令官で赴いた戦地では、胃腸を患って生死をさまよった。そんな病歴からか、江戸城奥典医だった松本順が『海水浴健康法』を唱えると大磯に別荘を建てて、風呂に海水を入れて入ったんです。塩水は皮膚を丈夫に鍛え、内臓の代謝もよくする。山県はタライに塩の湯を張って腰までつかり、さらに頭から毛布をかぶって汗をかき、十分に発汗したところで就寝するという独自の半身浴を考案、実践していたんです」(笹川氏)

 他にもさまざまな健康ルールを課して毎日こなし、84歳まで生涯現役を貫いたのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、ベルトに乗っかりそうな“Gバスト”に騒然「ものスゴい曲線!」
2
新山千春、伊藤かずえの「シーマ」に便乗?13年愛車アピールに揶揄噴出!
3
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?
4
出川哲朗、「マリエの衝撃暴露」前に指摘されていた占い結果にネットが戦慄!
5
テレ朝・森川夕貴、“Dカップ強調”激化の裏に「テレ東WBS撃退役」の重責!?