芸能

「イッテQ」ヤラセ疑惑で囁かれる「日テレ一強の瓦解が始まる!」の声

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)のヤラセ疑惑が尾を引きそうだ。11月8日発売の週刊文春によれば、5月20日に放送された「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、宮川大輔がラオスの「橋祭り」に参加した企画について、ラオスの駐日大使などは“そんな祭りは聞いたことない”と証言しているという。

「放送時から、ネット上では《検索しても出てこない》など疑いの声が出ていました。加えて文春の報道後にSNSでも《バラエティーだから当たり前》《打ち切りだな》など様々な反応が見られましたが、一部では“番組にかなり近いところからのリーク”との情報まで流れています」(芸能ライター)

 この疑惑を受け日テレでは8日、文面で“ねつ造”を否定。「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」としたうえで、「この会場で初めての開催であった橋祭りを、放送では毎年行われているというかのような誤解を招く表現となり、この点については、真摯に反省すべき点があった」と、開催実績の行き過ぎた説明については謝罪した。

「この対応にネット上では“バラエティー番組だから仕方ない”という見方がある一方、《現地のコーディネーターに騙された口ぶり》《せっかくおもしろい番組なのにガッカリ》《もうネタがないんだろう》といった批判の声も多く上がっていました。日テレといえば、10月の月間視聴率において58カ月ぶりに全日帯(午前6時~午前0時)でテレ朝に抜かれ、3冠を逃したばかり。今回ケチがついたことにより、日曜夜の『笑点』から『おしゃれイズム』にかけて、『イッテQ』を挟み高視聴率を取る“縦ライン”が崩れれば、日テレ一強状態もろとも“瓦解”が始まりますよ」(制作会社関係者)

 今後の「イッテQ」の視聴率が注目される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!