芸能

関ジャニ∞大倉の告発ブログは暴走ファンへの禁断の「警察沙汰」警告だった!

 関ジャニ∞の大倉忠義が、強い調子で迷惑行為を糾弾だ。11月8日に有料携帯サイト「Johnny’s web」のブログを更新し、一部のファンによる迷惑行為について言及したもの。大倉によると一部のファンが暴走し、他の一般人への体当たりや大倉のカバンに勝手に物を入れるといった迷惑行為が行われているとか。時には友人と食事している際に、隣のテーブルにファンがいたこともあったという。

 また、ブログでは大阪の番組収録に行くことが憂鬱だとも綴っており、その迷惑ファンが関西地区在住であることも示唆している。ジャニーズ所属のタレントがここまで具体的に被害を訴え出ることは異例だが、今回のブログはもはや不満の表明といった次元ではなく、暴走ファンに対する警告行為に当たるというのだ。芸能記者が指摘する。

「何より注目すべきは、大倉が『ストーカー行為ではないのか』と書いている点。つまり今後はジャニーズ事務所として、ストーカー規制法での告発がありえるという警告を発したも同然でしょう。これまでもジャニーズ側では一部ファンによる迷惑行為について注意を喚起しており、過激な行動は往来妨害罪や業務妨害罪、場合によっては暴行罪や傷害罪にもなると指摘していました。しかしアーティスト自身が暴行被害にでも遭わない限り、事務所側がファンを告発する可能性は低く、悪質ファンもタカを括っていたはずです。ところが今回『ストーカー行為』という具体的な罪名をあげたことで、今後は警察沙汰も辞さないという強硬姿勢を示したものと思われます」

 しかしイメージ商売のアイドル業において、いくらファンの行為が悪質だからと言って、ストーカー行為を告発することができるものだろうか。

「男性芸能人が悪質ファンを告発した例は決して皆無ではありません。最近ではネット系著名人へのストーカー行為が増えており、昨年12月には国内トップ級の人気を誇るYouTuber“はじめしゃちょー”へのストーカー容疑で29歳の女が現行犯逮捕。またニコニコ動画で活躍する4人組音楽グループの浦島坂田船は11月8日、メンバーに対するストーカー行為を警察に告発した経緯を発表しています。ほかにもDAIGOの自宅に押し掛けた女が警察に連行されたり、福山雅治の自宅に忍び込んでいた元コンシェルジェの女が逮捕されたのも記憶に新しいところ。そんな例にいずれジャニーズ所属タレントの名前も連なるのかと思うと、やるせない気持ちになりますね」(前出・芸能記者)

 悪質なストーカー犯は、警察から指導されたくらいではつきまとい行為をやめないという。今回の大倉のブログは、ジャニーズタレントの被害のごく一部を告白したに過ぎないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!