スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヒーズインラブの一発ある」

 秋のGI戦線も佳境。京都で行われる今年最後のGIマイルチャンピオンシップは、顔ぶれがとにかく豪華だ。

 昨年の覇者ペルシアンナイトを筆頭にGI勝ち馬が7頭。そのうちマイルのGIを制した馬が6頭と、マイル王決定戦にふさわしいメンバー構成だが、有力どころはステルヴィオ、ミッキーグローリーなど他にも多くいて、まさに見応え満点の一戦と言っていい。

 これだけ力量馬がそろうと馬券的にもおもしろく、かつ難解と言っていいだろう。実際、簡単に収まりがたいのは、データが示すところでもある。

 馬単導入後の過去16年、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連3回)のみだが、1、2番人気馬でのワンツー決着は、94年を最後に昨年まで23年間も途絶えている。

 さらに、目下、8年連続して1番人気馬の勝利はない。そもそも過去34回を数えるこのGI戦で、1、2番人気馬のワンツーは、たった3回しかなく、やみくもに人気馬を信頼してはいけないということだろう。

 連覇を狙うのはペルシアンナイトだが、昨年の勝利は、3歳馬として00年のアグネスデジタル以来の快挙だった。その意味でケイアイノーテック、ステルヴィオといった3歳勢は、要注意と言えそうだが、充実ぶりが目覚ましく、地力で勝る4、5歳馬がこのGI戦では圧倒的だ。

 当方としても、その古馬勢に目を向けたい。といってもペルシアンナイト、モズアスコット、アエロリットといった人気どころではない。穴党として最も期待を寄せたいのは、ヒーズインラブである。

 オープンに昇格したその初戦・ダービー卿CTを快勝した勢いで安田記念に挑戦したが、あえなく13着に散ってしまった。しかしこれは、やむをえない結果だったと言えよう。

 使いづめで調子のピークも過ぎていたし、一気に一流どころが相手では荷が重かった。それに、ダービー卿CTから3キロ増という初めて背負う58キロの斤量もこたえたことだろう。

 その安田記念後、リフレッシュ放牧明けのこの秋は2戦して【9】【7】着と、いまいち冴えない。なので評価がグーンと落ちてしまった感はあるが、穴党としては、もっけの幸いだ。前2走とも大きく負けたわけではなく、まだ復調途上の状態だったことを思うと、断じて軽く見てはいけない。

 今回は、休み明け3戦目。陣営の思惑どおり、この中間は大幅な良化ぶりを見せている。

「馬体が締まって実にいい雰囲気になった。前2走に比べ落ち着きが出てきたのはプラス。それでいて気持ちが前向きになっている」

 こう言って状態のよさを強調するのは藤岡調教師だが、なるほど、中間の稽古は軽快でリズミカル。1週前の追い切りも文句なしだった。ならば、大いに期待していいのではないか。

 前述したようにオープン入り初戦の重賞をモノにするのは簡単にできる芸当ではない。かなりの力を秘めていればこそで、京都コースは〈1 0 2 0〉と相性がいいのも強調材料である。

 サンデーウィザード(新潟大賞典)が兄にいて、コラクトゥーベイ(米GIヤング・アメリカS)など近親、一族に活躍馬が多くいる血筋。“一発”があって何の不思議はない。

 連下は当然、アエロリット、ペルシアンナイトといった人気どころになるが、中でもエアスピネルには重い印をつけたい。コース〈2 2 2 0〉、距離〈4 3 2 2〉と走れる条件がそろっており、休み明けの前走を使われ、状態も大きく良化している。要注意だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ