芸能

再注目の後藤久美子に“大物女優”の運命を確定させた「おさわがせ」事件!

「男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮)」での、23年ぶりの女優復帰が決まった、後藤久美子。

 44歳となった現在も、元祖“国民的美少女”の輝きを感じさせる美貌とスタイルを保っており、芸能メディアは、その復帰を歓迎する声にあふれている。

「とにかく、当時のゴクミの美しさは群を抜いており、“国民的美少女”という冠には誰も不満も疑問も持たなかった。ゴクミの大ブレイクの直後から、所属のオスカープロは、“第2のゴクミ”の発掘にと『全日本国民的美少女コンテスト』をスタートさせていますが、米倉涼子や上戸彩などの人気女優こそ輩出させているものの、“国民的”となるとゴクミと肩を並べ評価を受ける少女は、いまだ一人も現れていません」(芸能プロ関係者)

 だが、所属事務所の判断を一つ間違えればゴクミの運命が変わっていたかもしれない、こんな過去もあったという。

「1987年1月から放送された、思春期の男女の性への興味をコメディータッチで描いた下半身ネタ満載ドラマ『毎度おさわがせします3』(TBS系)のヒロインに内定しながら、クランクイン直後に降板するという騒ぎを起こしています。内容を知った家族の猛反対もあったはずでしょうが、今振り返ると、事務所も、目先の損失よりも将来性を考えての決断は間違いなく正しかったと、改めて思えますね。結局、ドタバタの中、たまたまTBSに売り込みにきていた立花理佐が、幸運にも『毎度おさわがせします』のヒロインの座をゲットしてアイドルとしてもブレイクしました。とはいえ、絶頂期の人気は長続きしたとはいえません」(芸能記者)

 ゴクミの「毎度~」も見てみたかった気もするが…。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング