芸能

高樹沙耶、「相棒」の“薬物中毒キャラ”に私見を語るもネットで総スカン

 11月13日、元女優の高樹沙耶が自身のツイッターを更新。かつて主人公の杉山右京(水谷豊)の元妻役を演じていたドラマ「相棒」(テレビ朝日系)に登場した、薬物依存症と思われる設定の中年女性キャラが話題になっていることについて言及した。

 法律違反の薬物の重度中毒らしきその女性は、公園で電話中の刑事をハンマーで撲殺。取調べの場では、その薬物の俗称を氏名で2度繰り返すようなありえない名前を連呼。さらに「17歳です!」と、実年齢と程遠い年齢をわめきたてた。何とも、エキセントリックな演出だったが、放送終了後、演じた女優である江藤あやについてと、薬物中毒患者に対する偏見であるとする批判的な意見が、ネット上に多数書き込まれることになった。

 この話題について、「薬物に一家言ある」高樹が「口を開いた」のだ。

「高樹は、あくまでフィクションなので誇張を悪として製作者側を責めるのはどうかと思うとしていました。ところが、そのうえで、《情報番組や“ダメ絶対だめキャンペーン”》における、自身がかつてその所持を巡り逮捕された植物由来の薬物については、病に苦しむ人から見たら《大罪》と言い放ち、《日本の薬物に関する向き合い方は先進国とは言い難い》とまで、私見を述べたんです。ですが、そんな高樹には批判コメントが殺到。《あなたのその依存性が危険性を裏付けている》《医療用でなく快楽目的で使ったくせに》など、高樹の主張に聞く耳を持つ人は極めて少ないようです。そもそもなぜ、問題となっている女性が使用していたと思われる薬物とは別の薬物の話を持ち出したのか、皆目わかりません。2つの薬物を同等に扱えば、高樹の求める『医療用解禁』の足を引っ張るだけでしょう」(芸能ライター)

 さしもの右京も、この元妻には「つける薬」がない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々