芸能

明石家さんま自伝ドラマ、大竹しのぶ役に剛力彩芽が起用された裏事情

 11月25日、バラエティ特番「誰も知らない明石家さんま3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!」(日本テレビ系)が放送された。番組内では、明石家さんまの自伝ドラマも放送された。

「番組では、さんまの完全プライベートに密着したVTRのほか、随所にさんまにまつわるクイズなども入れ込んでいました。そして、大竹しのぶとの結婚から離婚までを豪華キャストで完全ドラマ化。若き日のさんまを斎藤工、大竹しのぶを剛力彩芽が演じ、脚本は芥川賞作家で芸人のピース・又吉直樹が担当し、随所にギャグを入れ込みながらもイイ話に落とし込むような展開となっていました」(テレビ誌記者)

 今回のドラマ化に、一部視聴者からは「なぜ大竹しのぶ役が剛力彩芽?」という疑問の声が噴出。また今年、ドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)で、大竹役を演じ高評価だった池脇千鶴の起用を望む声などもあがっていたという。とはいえ、もちろん今回、剛力が起用されたのには、さんまがお気に入りだった剛力と「ZOZO」前澤友作社長との熱愛発覚が関係していることは疑うべくもないだろう。そしてその裏にはこんな事情があったという。

「2人の熱愛が発覚し、剛力がインスタグラムに前澤氏との仲睦まじい様子がうかがわれる画像を掲載したりした際、さんまは自身のラジオ番組で『そういうことを言う男の子を好きになる気持ちがまったくわからない』『写真をネットにあげるのもどうかなと思うよ』と、愚痴をこぼしたことがありました。すると剛力は、『大先輩の皆さまも気に掛けてくださっているのを報道で目にしました』とコメントし、インスタを削除する事態にまで発展。おそらくさんまは、それらの出来事に負い目を感じており、今回のキャスティングにつながった可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 番組ではさんまが、ドラマ撮影後の剛力と食事する企画も放送。そこでは、剛力の口から前澤社長が、さんまに勝っていた点が「積極的だったところ」などと明かされ、最後は前澤氏本人も登場してさんまと記念撮影する展開に。このあたりも、さんまとしては、剛力への批判の一端も自分にあったことへの申し訳ないという気持ちをアピールでき、同時に何となく剛力のイメージもアップ。番組への関心も高まってまさに一石“三鳥”だったかも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題