芸能

明石家さんま自伝ドラマ、大竹しのぶ役に剛力彩芽が起用された裏事情

 11月25日、バラエティ特番「誰も知らない明石家さんま3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!」(日本テレビ系)が放送された。番組内では、明石家さんまの自伝ドラマも放送された。

「番組では、さんまの完全プライベートに密着したVTRのほか、随所にさんまにまつわるクイズなども入れ込んでいました。そして、大竹しのぶとの結婚から離婚までを豪華キャストで完全ドラマ化。若き日のさんまを斎藤工、大竹しのぶを剛力彩芽が演じ、脚本は芥川賞作家で芸人のピース・又吉直樹が担当し、随所にギャグを入れ込みながらもイイ話に落とし込むような展開となっていました」(テレビ誌記者)

 今回のドラマ化に、一部視聴者からは「なぜ大竹しのぶ役が剛力彩芽?」という疑問の声が噴出。また今年、ドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)で、大竹役を演じ高評価だった池脇千鶴の起用を望む声などもあがっていたという。とはいえ、もちろん今回、剛力が起用されたのには、さんまがお気に入りだった剛力と「ZOZO」前澤友作社長との熱愛発覚が関係していることは疑うべくもないだろう。そしてその裏にはこんな事情があったという。

「2人の熱愛が発覚し、剛力がインスタグラムに前澤氏との仲睦まじい様子がうかがわれる画像を掲載したりした際、さんまは自身のラジオ番組で『そういうことを言う男の子を好きになる気持ちがまったくわからない』『写真をネットにあげるのもどうかなと思うよ』と、愚痴をこぼしたことがありました。すると剛力は、『大先輩の皆さまも気に掛けてくださっているのを報道で目にしました』とコメントし、インスタを削除する事態にまで発展。おそらくさんまは、それらの出来事に負い目を感じており、今回のキャスティングにつながった可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 番組ではさんまが、ドラマ撮影後の剛力と食事する企画も放送。そこでは、剛力の口から前澤社長が、さんまに勝っていた点が「積極的だったところ」などと明かされ、最後は前澤氏本人も登場してさんまと記念撮影する展開に。このあたりも、さんまとしては、剛力への批判の一端も自分にあったことへの申し訳ないという気持ちをアピールでき、同時に何となく剛力のイメージもアップ。番組への関心も高まってまさに一石“三鳥”だったかも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声