社会

悪徳「催眠商法」元エリート講師がザンゲ暴露(2)トイレロール早巻きゲーム

「ここで毎日、家庭用品などを無料配布して客を集め、会場では楽しい話と演出で盛り上げる。高齢者の中には毎日誰とも話さず、孤独な生活を送っている人も少なくありません。そんな人たちを笑わせ、楽しませ、雰囲気に酔わせることで冷静な判断力を奪い、高額な健康食品を買ってもらう。それが催眠商法の独特の手口です」

 こう語るのは、催眠商法の元講師で「あやしい催眠商法 だましの全手口」(自由国民社)の著者であるロバート・熊氏(以下「」は同氏のコメント)。1970年生まれのロバート氏は経理の専門学校を卒業後、事務、営業、建築、飲食など職業を転々とし、20代後半からの6年間、関西にある催眠商法の会社に勤務。「営業成績優秀者」として、何度も会社から表彰された人物だ。

「求人広告には『健康食品の開発・販売』とだけあって、具体的な内容は書かれていませんでしたが、健康食品を扱う会社ならなんとなく安心かな、と思って電話すると、即面接に来なさいと」

 面接にパスしたロバート氏は数日後、ファミリーレストランで上司と待ち合わせ。連れていかれたのが、コンビニ跡地に建つ「自然食品の店」。それが全ての始まりだった。

「ここで『健康ライフセミナー』といった名目で、講師が講演をするんです。時間にして90分ほど。隣にはアシスタントと称する従業員が座って、場を盛り上げる。200人ほどの客に対し、講師1人とアシスタントが3~4人。講師が話術で盛り上げるんですが、話の9割は商品とは関係ない世間話です。で、お客が食いついてきたら、今度は話の合間に『ハイ』と相槌を打たせ、それを繰り返す。『せ~の、ハイ! もう一丁ハイ! それ、ハイ、ハイ、ハイ!』みたいな感じです」

 実はこの「ハイ!」がのちに「今日は来てよかったですか?」「ハ~イ!」「私の話、わかってくれましたか?」「ハ~イ!」「本来なら60万円するところが、今回だけ特別30万円になりました。買いますか~?」「ハ~イ!」となっていくのだが、むろんその時点で、客はそれを知る由もない。

 さらに会場を二つに分けて「トイレロール早巻きゲーム」など、簡単なゲームをしてバンザーイと手を上げさせたり、高齢者に声を出させ、笑わせ、体を動かすことで会場を一体化させ、警戒心を解いていく。

「話術で会場を熱狂させ、正常な判断力を奪う。そして‥‥」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」