芸能

小林幸子、中森明菜、植村花菜…「紅白歌合戦」で歌姫が起こした衝撃事件

 毎年のように視聴率の低下が指摘されながらも、大みそかの夜の楽しみとして今も高い人気を誇る「NHK紅白歌合戦」。多くの歌手が登場し、生放送ということもあって、これまで多くの事件が発生してきた。その中から歌姫が起こした「アクシデント」を振り返ってみたい。

 セットと一体化したド派手な仕掛けの衣装でおなじみの小林幸子をアクシデントが襲ったのは1992年のこと。4億円もの費用をかけて作り出した豪華な電飾が、3分の1程度しか点灯しないという事件が発生した。小林自身はそれがわからず、客席の反応を見てやっと失敗したことに気づいたという。

 中森明菜が登場したのは2014年。NHKが芸能活動をセーブしていた明菜を担ぎ出すため、会場のNHKホールではなくニューヨークのレコーディングスタジオから衛星中継を行った。

「三顧の礼で迎えた明菜でしたが、声がまったく出なかった。彼女は闘病生活を送っていたため、歌うのは約4年ぶりなので、責めることはできないでしょう。この衛星中継は本当に生中継だったのかと疑う声も上がりました」(テレビ誌ライター)

 出場歌手から大ブーイングを受けてしまったのは植村花菜。2010年、「トイレの神様」で紅白出場を果たした。「トイレの神様」は9分52秒もある長い歌で、短縮することを求められたが「歌の流れがあるから」とこれを拒否。その姿勢に和田アキ子らベテラン歌手から非難の声が上がった。和田らの言い分は「誰だって切られたくないが仕方ない」というもの。結局7分50秒にして歌ったが、不穏な空気は残したまま終わっている。

 この他にも大島優子や安倍なつみ、綾瀬はるかに安室奈美恵と、“アクシデントな歌姫”は多数。12月5日発売の「アサ芸シークレットVol.55」では、20もの事件を振り返っている。読めば紅白がもっとおもしろくなるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声