芸能

高嶋ちさ子、「毒舌&キレキャラでブレイク」を生んだ「媚びない姿勢」の秘密!

 バイオリニストの高嶋ちさ子が「50歳でブレイク」と11月27日発売の「女性自身」が報じた。

 それによると高嶋には、テレビ局からの出演依頼が引きも切らないという。ある局からは、ワイドショーのレギュラーコメンテーターのオファーもあったようだが「バイオリニストとしての活動が忙しい」との理由で、断ったのだそうだ。

 高嶋といえば、16年にトーク番組で明かした“息子の携帯ゲーム機をバキバキ事件”で、怖い母親のイメージが色濃かった。現在も“毒舌”と“キレキャラ”は健在だが、誰に対しても媚びない姿勢と歯に衣着せぬきっぱりとした物言いが好感度を上げているようだ。

 また、去る10月3日に放送された「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では、VTRで実家の家族を紹介して大きな反響を呼んだ。父の弘之さんが娘の子供時代について、自分の姉がダウン症であることを友人に知られたくない人も多い中、ちさ子はまったく気にせず、友達と遊ぶ時も一緒だったと明かしたのだ。ちさ子のあだ名が「悪魔」だったのは、姉をいじめる人に片っ端から反撃していたからだったというのだ。

「この放送を見た人は、姉のことを初めて明かしたかのような印象を受けたかもしれませんが、彼女は自身のブログで何度か姉を登場させています。母親がご健在で闘病中だった時は、忙しいちさ子に替わり、お姉さんが看病していました。ブログの中では、そんな姉に感謝の言葉も綴っています」(女性誌記者)

 言いたくても、飲み込んでしまいそうな言葉をズバズバ言う高嶋は、サイレントマジョリティのいいガス抜きになっているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線