スポーツ

後輩・紀平梨花の「台頭」にも宮原知子は「動じない」証言!

 女子フィギュアスケートで今季シニアデビューの紀平梨花選手が、トリプルアクセルを武器にGPシリーズ連勝を飾り、GPファイナルでは今季も絶好調のアリーナ・ザギトワ選手と火花を散らすことに、大きな期待が寄せられている。

「紀平選手のすごいところはジャンプだけではなく、そのほかの要素も加点がつくような技術を持っているんです。GPシリーズでは宮原知子選手をしのいで優勝しましたが、GPファイナル、全日本選手権でも優勝して、日本の女子のエースの座を奪うかもしれません」(女性誌記者)

 紀平選手の台頭は、これまでミスパーフェクトとしてエースの座を守ってきた宮原選手にとってプレッシャーではないかと思いきや、宮原選手が動じることはないという。

「宮原選手は着実に技術を磨くだけで焦ったりはしないでしょう。今季の宮原選手はジャンプの修正に取り組み、しっかりと効果を出しています。紀平選手はNHK杯で224.31を取り、宮原の今シーズンのベストの219.71を上回っていますが、その後のフランス杯では優勝したとはいえ得点は205.92。まだ若いだけに、どうしても精神的な面で安定していないところがありますからね。それに、宮原選手と紀平選手は同門です。羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手がそうだったように、たがいに刺激しあえる仲間ですから、心乱されることはないでしょう」(スポーツライター)

 ブライアン・オーサーコーチはかつて、羽生選手の練習環境について、世界2位のライバルが同じクラブにいるので、試合を前にライバルはどれくらい仕上がっているのかなど、疑心暗鬼になる必要がなく、精神面で良いと語っていた。紀平選手にとっても、宮原選手にとっても、申し分ない練習環境ということになるのだろう。

 両選手には、たがいに高め合って日本の女子フィギュアを盛り上げていただきたい。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた
5
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!