芸能

上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(3)「ポスト上沼」の面々は…

 反対に「西の女帝」を味方につければ、関西テレビ界では怖いものなし。

「一度好感を持ってもらえれば、ゲストとして何度も番組に呼んでくれて仕事も増えます。お土産に熱々のコロッケを楽屋に差し入れたりもしてくれるので、うれしくない人はいない。本当のお気に入りになれば、大平サブロー(62)、高田純次(71)、キングコング・梶原雄太(38)のように、番組共演者に召し上げることもあります」(芸能デスク)

 目下、関西では上沼を脅かすような存在は皆無だとか。関西在住の放送作家の吉村智樹氏が説明する。

「今や関西ローカルのバラエティーは、大物芸人がこぞって里帰りする現象が起きています。さんまさん、ダウンタウン、東野幸治、千原ジュニアなど東京の番組で司会を務める全国区の芸人が番組を持っています。大阪でしか見られない人気芸人といえば、月亭八方の息子・八光くらいでしょう。元局アナで番組進行のうまい人はいますが、故・やしきたかじんさんのような関西ローカルスターは出てきていませんね」

 関西のテレビ界で幅を利かせる「ポスト女帝」の一番手は誰なのか。

「ハイヒール・リンゴさん(57)は報道番組も仕切るこわもて司会ぶり。なるみさん(46)もナイナイ岡村君をワキに置いて司会を張るポスト上沼の一人です。他に大阪の主婦層に人気なのが海原やすよともこの姉妹。日曜午後の町歩き番組『やすとものどこいこ!?』(テレビ大阪)で紹介された商品は、店頭から売り切れになるほどの影響力があります」(吉村氏)

 とはいえ、まだまだ関西テレビ界は上沼1強の太平の世が続くという。

「そもそも武智は上沼さんを『売れるために審査員』とも罵倒しているが、M-1審査員は松本人志(55)から直々に依頼され、やむなく引き受けただけ。そもそも上沼さんは東京進出など毛頭考えてませんわ」(芸能デスク)

「終身女帝」を脅かす大物は当面、現れそうもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ