芸能

素っ気なさが逆にイイ!?乃木坂46齋藤飛鳥「握手対応の奥深さ」をファン熱弁

 その魅力は“生”じゃないと伝わらない。

 乃木坂46の齋藤飛鳥がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)に出演したのは去る12月9日。握手会でのやりとりが番組内で放送され、ネット上が異様な盛り上がりを見せているようだ。この日は白石麻衣、西野七瀬とともに乃木坂人気を牽引するエースである齋藤をクローズアップ。齋藤は今年だけで20を超える雑誌の表紙を飾るなど、グループでの活動だけでなく、個人の仕事も増え始めていることもあり、新規のファンも徐々に増加中だ。

 新曲発売記念で行われる握手会は毎回決まって長蛇の列となっており、今回の番組では、握手会で齋藤がファンと触れ合う様子も放送。初めて握手会に来たというファンから「結婚してください」とお願いされると、笑いながら「おことわり」と返したり、その日の服のファッションポイントを聞かれた時には素直に「ない」と返答。さらにファンからちょっとしたリクエストをお願いされた時には「イヤだ」と笑顔で拒否する映像が流れていた。

 無理な注文には応えないという無理をしないスタイルは実に齋藤らしいところだが、この握手でのファンとのやりとりに一部の視聴者からは「これって塩対応なんじゃないの?」「人気メンバーだからすごい握手するのかなって思ったけど、意外に普通だな」「アイドルならもっとファンサービスするべきでは?」など、齋藤の握手を見て、拍子抜けしたという声が上がっている。

 しかし、そういった声に対して齋藤のファンは「いやいや、むしろその素っ気ないところがいいんだよ」「一切、媚びた感じがないところが推せるんだよな」「返答はあんな感じでも恋人つなぎしてくれるし、笑顔がとにかく可愛いからな」など、齋藤の握手にクレームをつける人は齋藤との握手の楽しみ方がわかっていないとばかりに余裕たっぷりに切り返している。

「齋藤はぶりっ子対応も苦手で、自分を必要以上に大きく見せたりすることもなく、乃木坂内で一番ありのままの自分で勝負しているメンバーだと思います。ルックスが抜群にいいこともそうですが、そのキャラクターも唯一無二といえるでしょう。それに齋藤は握手会の欠席が極めて少ないメンバーとして知られています。やはりあれだけたくさんのファンと握手をして、偽りの自分を演じ切るとなれば、精神的な負担や疲れも出てくるでしょうから、素の自分で接するということが握手会をタフにこなせる要因かもしれません。何よりファンの数もしっかり増えており、握手会に並んでいるファンが実際に満足しているのですから、そこに文句をつけること自体、野暮なことでしょう」(エンタメ誌ライター)

 やはりその魅力を知るためには実際に握手会に参加して、齋藤との握手を経験するのが一番のようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!