エンタメ

五木寛之×椎名誠「僕たちはどう死ぬるか」(6)故・小島武夫への想い

──今年もいろいろな方が物故されました‥‥。

五木 よく、同世代や同業の方が亡くなられて寂しいでしょうと聞かれるんですが、ぼくは全然寂しくないんですよね。井上ひさし野坂昭如、そして一昨年は大橋巨泉永六輔、みんな昭和一ケタ生まれの同世代がどんどんいなくなったけど、「あ、あいつ先に向こうへ往ったのか」みたいな感じで。

──プロ麻雀士の小島武夫(5月28日心不全で死去、享年82)さんのことを「週刊新潮」で書かれてました。

五木 そう。小島さんの死は、ちょっと寂しかったなあ。彼は最後のミスター麻雀だった。昔、彼からレコードを出すから詞を書いてくれって言ってきたことがあって、ぼくは小島さんの生涯を象徴するような歌を書いてやろうと、「どんな歌でも歌うかい」と聞いたら「歌う」というので、『おれはしみじみ馬鹿だった』(1979年/作曲:菊池俊輔)という歌を書いた(笑)。作曲は『昭和残侠伝』なんかを書いた菊池さんだけど、歌がヘタで売れなかったな(笑)。当時の週刊誌やテレビで、有名人麻雀大会とか麻雀が大流行してましてね。それをリードしたのが小島武夫とか阿佐田哲也(色川武大)さんで、当時の学生たちの憧れの的だった。

椎名 ぼくはいまも週にいっぺんは麻雀をやってます。新宿のアジトで20人ぐらい仲間がいて、毎回朝まで。小島さんが現役でやっている頃、テレビでよく見ていろいろ勉強しましたね。

五木 それは凄い。まだやってるんですか。小島さんには何か人に愛される人格的魅力があった。金を借りたり雀荘を潰したりする困った人だったけど(笑)。

椎名 また不思議に大きな手が入る人でしたね。皆を楽しませるためにこれで上がったんだという風なね。

五木寛之(いつき・ひろゆき):1932(昭和7)年、福岡県生まれ。作家。北朝鮮からの引き揚げを体験。早稲田大学露文科中退後、編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞。76年『青春の門 筑豊編』ほかで吉川英治文学賞。主な著書に、『朱鷺の墓』、『戒厳令の夜』、『風の王国』、『親鸞』(毎日出版文化賞特別賞)、『大河の一滴』、『人生の目的』、『運命の足音』、『他力』(英文版『TARIKI』は2001年度BOOK OF THE YEAR・スピリチュアル部門)などがある。02年菊池寛賞受賞。また『下山の思想』、『生きるヒント』、『林住期』、『孤独のすすめ』などのほか、最新刊に『七〇歳年下の君たちへ』。

椎名誠(しいな・まこと):1944(昭和19)年、東京生まれ。作家。79年『さらば国分寺書店のオババ』でデビュー。『哀愁の町に霧が降るのだ(上・中・下)』(81~82)、『あやしい探検隊』シリーズ(84年~)、『インドでわしも考えた』などの紀行文、純文学からSF小説、写真集など、幅広い作品を手がけている。90年に映画『ガクの冒険』を監督し、91年には映画製作会社「ホネ・フィルム」を設立して映画製作・監督として『うみ・そら・さんごのいいつたえ』(91年)、『あひるのうたがきこえてくるよ。』(93年)、『白い馬』(95年)などを製作。90年、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。『岳物語』『犬の系譜』(吉川英治文学新人賞)、『家族のあしあと』『そらをみてますないてます』などの私小説系作品も多い。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
指原莉乃、「紅白」裏でジャニーズと後輩を引き離し称賛の嵐!
2
とんねるず・木梨憲武がぶっちゃけた「テレビ芸人はもう無理」な生活習慣!
3
テレ朝・弘中綾香 「新年早々の異変」は噂の彼との「ハードな年越し」のせい!?
4
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?
5
とろサーモン久保田「逃走中」出演でTBSがフジテレビをアシストしていた!?