芸能

南キャン山里亮太が相方しずちゃんにふたたび「嫉妬の炎」燃やし始めた!

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が虫垂炎でダウン。レギュラー番組のピンチヒッターを急きょ相方の山崎静代らが務めた。

「12月17日、山里は『スッキリ』(日本テレビ系)出演後、激痛に襲われました。痛みに耐えかね病院に行くと、初期の虫垂炎と診断され、薬で炎症を抑える措置を取り、大事を取って休養。18日のラジオの生放送『たまむすび』(TBSラジオ系)はジェーン・スーらが代理出演。『スッキリ』の代役は、フリーアナの川田裕美が受け持ちました。翌19日のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ系)は、山崎が代理出演しました。2時間しゃべりっ放しの同番組だけに、生まれてこの方3分がやっとという口ベタな山崎には荷が重すぎるかと思いきや、ネタにした山里をイジリ倒して堂に入ったトークを展開していました。ネットでも山崎のしゃべりは大好評で、山里のツイッターには、『静ちゃん最高』と定期的なオンエアを望む声や『こんなにトーク力があったなんてビックリ』と驚く声、『来週もしずちゃんの不毛な議論がいいなぁー』とおねだりするメッセージが続々飛び込んだんです」(ネットライター)

 山里は自身のツイッターで相方に向け、「助かりました」と感謝の言葉をつぶやいたのみ。だが、内心穏やかではいられまい。嫉妬の炎がメラメラ燃え盛っているに違いないのだ。

「山里は『不毛な議論』スタート以来1度も休んだことがなく、『スッキリ』も同様で、MCの加藤浩次が取る夏休みなども取ったことがないんです。休まない理由を聞かれ、休んでいる間に番組を奪われる、と本音を吐露したこともありました。自分が休めば相方が穴を埋める。で、相方が好評なら自分の仕事が、ぶんどられると本気で心配しているんです」(芸能ライター)

 12月14日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、山里が自分の失敗を告白。相方への嫉妬心にかられ、山崎に嫌がらせの限りを尽くした過去を懺悔し、涙ながらに謝罪するシーンが話題となった。反響はすさまじく、山崎の元にはメールが殺到したそうだ。ところが、前出の「不毛な議論」で、山崎は「ウソ泣きなんよ。ああいう小芝居要らんのに」と山里の魂胆を見抜いてバッサリ斬り捨てていた。

 才能あふれる相方にまたまた姑息な手を使う腹黒山里に逆戻りしなければいいのだが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?