芸能

松本人志も苦言!ゆりやん、「THE W」惨敗も“自分のことネタ連発”に呆れ声

 昨年の優勝はいったい何だったのか。12月10日放送の「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて第一試合で惨敗したゆりやんレトリィバァに、厳しい声が送られているようだ。

 そのゆりやんは12月17日、吉本興業と三重県鈴鹿市、三十三フィナンシャルグループの三者による包括提携協定の調印式に出席。地元名物の鈴鹿墨を使った書をレイザーラモンRGとともに披露した。ここでRGは平成あるあるとして「うすくしがち」と大書し、さらに「太くなってるものもある。今回の絆です!」と調印式を大いに盛り上げていたが、その一方でゆりやんがしたためた書について、芸能記者が呆れ顔で語る。

「今年を表す漢字としてゆりやんが書いたのは漢数字の“一”。『今年は1月から始まったから』と小学生でも笑えない低レベルのギャグを繰り出したうえで、“一”を選んだ理由として『THE W』でトップバッターを引いて一番に帰った(敗退した)と自分を例にしていました。さらに片思い相手の芸人について触れ、『一生一緒にいたい霜降り明星せいやさんが「M-1グランプリ2018」で1位を獲りました』と続けたのです。このように自分が主人公のギャグしか繰り出せないゆりやんに会場は白けまくってしまい、『THE W』と負けず劣らずのスベリっぷりを露呈していました」

 調印式の相手を気遣うRGに比べると、芸人としてだけではなく大人としてすでに負けていたゆりやん。そんなゆりやんには「マイペース」との評価もあるものの、その言葉には決して肯定的な意味はなさそうだ。何しろ吉本の大先輩でさえ苦言を呈していたというのである。

「アマゾンプライムの人気お笑い番組『ドキュメンタル』では、11月に配信されたシーズン6にゆりやんが初参戦。ここでオーガナイザーのダウンタウン・松本人志がゆりやんを『自分のことしか考えていない』と紹介したのです。同番組でもゆりやんは自分の持ちネタをゴリゴリと出しまくり、視聴者からは『いい加減にしろ!』との批判が飛ぶ始末。以前ならイキのいい若手による向こう見ずなギャグ連発を評価する声もありましたが、今や知名度だけは全国区になったゆりやんに、前座芸人みたいな芸を続けられても見苦しいだけです。いまだに『THE W 初代女王』の自覚を持てないゆりやんには、もはや哀れみの視線すら送られていることでしょう」(前出・芸能記者)

 関西大学卒のインテリでもあるゆりやんだが、その頭脳はまだ自分自身の分析には使われていないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?