芸能

松本人志も苦言!ゆりやん、「THE W」惨敗も“自分のことネタ連発”に呆れ声

 昨年の優勝はいったい何だったのか。12月10日放送の「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて第一試合で惨敗したゆりやんレトリィバァに、厳しい声が送られているようだ。

 そのゆりやんは12月17日、吉本興業と三重県鈴鹿市、三十三フィナンシャルグループの三者による包括提携協定の調印式に出席。地元名物の鈴鹿墨を使った書をレイザーラモンRGとともに披露した。ここでRGは平成あるあるとして「うすくしがち」と大書し、さらに「太くなってるものもある。今回の絆です!」と調印式を大いに盛り上げていたが、その一方でゆりやんがしたためた書について、芸能記者が呆れ顔で語る。

「今年を表す漢字としてゆりやんが書いたのは漢数字の“一”。『今年は1月から始まったから』と小学生でも笑えない低レベルのギャグを繰り出したうえで、“一”を選んだ理由として『THE W』でトップバッターを引いて一番に帰った(敗退した)と自分を例にしていました。さらに片思い相手の芸人について触れ、『一生一緒にいたい霜降り明星せいやさんが「M-1グランプリ2018」で1位を獲りました』と続けたのです。このように自分が主人公のギャグしか繰り出せないゆりやんに会場は白けまくってしまい、『THE W』と負けず劣らずのスベリっぷりを露呈していました」

 調印式の相手を気遣うRGに比べると、芸人としてだけではなく大人としてすでに負けていたゆりやん。そんなゆりやんには「マイペース」との評価もあるものの、その言葉には決して肯定的な意味はなさそうだ。何しろ吉本の大先輩でさえ苦言を呈していたというのである。

「アマゾンプライムの人気お笑い番組『ドキュメンタル』では、11月に配信されたシーズン6にゆりやんが初参戦。ここでオーガナイザーのダウンタウン・松本人志がゆりやんを『自分のことしか考えていない』と紹介したのです。同番組でもゆりやんは自分の持ちネタをゴリゴリと出しまくり、視聴者からは『いい加減にしろ!』との批判が飛ぶ始末。以前ならイキのいい若手による向こう見ずなギャグ連発を評価する声もありましたが、今や知名度だけは全国区になったゆりやんに、前座芸人みたいな芸を続けられても見苦しいだけです。いまだに『THE W 初代女王』の自覚を持てないゆりやんには、もはや哀れみの視線すら送られていることでしょう」(前出・芸能記者)

 関西大学卒のインテリでもあるゆりやんだが、その頭脳はまだ自分自身の分析には使われていないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」