芸能

NEWS小山「every.」降板の裏にあったジャニーズ事務所の「再度の怒り」

 今年6月に未成年女性との飲酒問題が発覚したNEWSの小山慶一郎が「news every.」(日本テレビ系)を降板。不祥事から一度も同番組を復帰することなく姿を消した小山だが、これにより批判がぶり返される事態となっている。

 去る12月19日の「news every.」では、藤井貴彦アナが「番組スタッフの方々、並びに事務所スタッフと話し合い、今回、番組を離れることとなりました。8年間で培った経験をこれからの人生で生かしていきたいと思います」と小山からの手紙を代読。放送直後からネット上では、〈むしろまだ降板していなかったことに驚いた〉〈未成年に飲酒させといてキャスターはさすがにムリでしょ〉〈来年は彼をソロで見る機会はなさそう〉と厳しい意見が相次いだ。

 とある芸能関係者は、今後の小山の活動について厳しい見方を示している。

「かつて小山は、ジャニー喜多川社長から『ユーはアナウンサーになったほうがいい』とアドバイスを受けてすぐに『news every.』からオファーが来たと、偶然の巡り合わせでキャスターになったようなことを語っていましたが、当然、オファーがあったのは事務所の根回しがあってのこと。音楽業での儲けに限界を感じているジャニーズは、ここ数年、キャスター枠に次々にタレントを送り込み一つの柱にしようと試みている。小山はそれを妨害したわけですから、“罪”は非常に大きい」(芸能関係者)

 そうした状況の中、批判の再燃に改めて事務所関係者は怒り心頭なのだという。

「今回の降板発表のタイミングは、事務所と日テレの擦り合わせの中、騒動のほとぼりが冷め年末のドタバタに紛れたところを見計らったとの見方がある。しかし、そうした手段をとったにもかかわらず相変わらず世間の目は厳しかった。想定外とまではいかないが、事務所内での小山への風当たりは相当強いものがある」(芸能事務所関係者)

 キャスターの経験を生かすというよりも、しばらくは静かにアイドルに徹したほうがよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来