事件

「300万円詐欺男」の各界“闇交遊”すべて書く(3)前妻との離婚の理由

 T氏が最も鮮明に覚えているのが、池田容疑者の誕生パーティーだという。

「出席者は軽く見積もっても100人は下らなかったですね。名だたる広告代理店と番組制作会社の人間が池田の前に列を作っていた。事件とは逆に、彼らにとって池田家は“出資者”、しかも超上客ですから。同様に、池田家がタニマチ的な関わりのある角界からは、当時大関だった武双山(現・藤島親方)や千代大海(現・九重親方)、売り出し中だった琴欧洲(現・鳴戸親方)が来ていましたね」

 また、池田容疑者が当時“ご執心”だった総合格闘技界やプロレス界からも千客万来だった。

「池田は年末恒例だった総合格闘技イベント『PRIDE』や、新日本プロレスのスポンサーになったこともありました。パーティーでも、PRIDEのプロデューサーである榊原信行氏や、新日本プロレスの蝶野正洋選手(55)と親しげに話していました。あのアントニオ猪木(75)までいたので、腰を抜かしましたよ」(T氏)

 スポーツや音楽などの興行界、そしてテレビを中心とした芸能界において、池田容疑者は金払いのいい実業家として知られていた。妻であるhirokoにも、そのコネクションを最大限に利用して近づいたと言われるが、取材を進めると、過去の結婚歴と「愛人タレント」の存在が浮かび上がってきたのだ。当時の池田本人から「オンナ自慢」を聞いた、別の知人男性B氏が語る。

「池田本人は20代前半で一度結婚し、一児をもうけましたが、当時、人気絶頂だったスレンダー系グラビアアイドルAと不倫、それが原因で離婚したんです。『母親にこっぴどく怒られた』と愚痴っていましたが、それでもまったく懲りていなかった。知るかぎり確実なのは、そのあとに有名野球選手と結婚したモデルのNや、同じく超有名スポーツ選手と結婚したタレントのH。特にHは、すでにその選手との交際が報じられていたので、イチャついている現場を見た時は『二股かよ』と驚きました」

 さらに池田容疑者は、「俺の女は俺の番組で、メインで起用する」と吹聴していたという。B氏が続ける。

「池田が代表取締役を務める会社の一社提供番組では、人気グラドルだった原史奈(37)や矢吹春奈(34)が起用されていました。収録後は番組の女性アシスタントたちも引き連れて、毎回飲みに行っていましたね。本当に交際していたのか、単に池田が狙っていただけなのかはわかりませんが、後者だとしてもスポンサーの立場にある手前、彼女たちも断りづらかったでしょう。とにかく、有名人とつきあうことには異常なほど執着していましたね」

 さらにこの時期、池田容疑者が「ギャラ踏み倒し」や「制作費未払い」などのトラブルを起こし、関係者の一人が自死を遂げているというから穏やかではない。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史