事件

日揮作業員が悲痛激白(1)「拘束されずにいきなり処刑」

 北アフリカの地で日本人10人を含む、8カ国37人もの命が奪われた。1月16日未明、「日揮」の居住区がイスラム武装勢力に襲われた刹那、銃声とともに絶命させられた者がいれば、震えながら同僚が処刑される瞬間を茫然と見送ることしかできなかった者もいたのである。

 ダダダダッ‥‥!

 銃撃音が響いた。

 響いてはやむ。

 そして、収まったかと思えば、時間を置いてまた轟音が聞こえてくる。

 安息の時間を与えない、生き地獄はいつ終わるとも知れなかった。

 その合間に聞こえてくるのは機械的に発せられたこんなセリフだったという。

「国籍はどこだ!?」

 いずれも、なまりの強い英語やフランス語だったというが、テロリストたちにとっては国籍を確認することが重要だったようだ──。

 現地時間1月16日未明(日本時間で昼頃)、アルジェリア南東部イナメナスにある、プラント建設大手「日揮」の居住区には、遅番、あるいは休みの作業員などがいたという。

 国籍は秘すが、アルジェリアでの勤務経験もある日揮作業員のA氏が証言する。

「テロ集団は居住区の中でも、最初から外国人が多く生活している棟に狙いをつけて襲撃してきたんだ。そして国籍を尋ね、アルジェリア人であれば居住区の外に出して1カ所に集められ、身の安全を保証されたとか。場合によっては、流れ弾に当たるケースを心配されて、部屋から出ないよう指示されたアルジェリア人もいたって話だ」

 イスラム武装勢力が首尾よく目的の棟を目指したのは、報道があったように内通者がいたためだろう。

 ただし、作業員の多くはあくまで現地のアルジェリア人だったようで、外国人の多い居住棟に侵入しては国籍を確認する作業はひっきりなしに続いた。

 そして、欧米人や日本人の作業員が見つかると、先のアルジェリア人への対応とはまったく違う仕打ちが待ち受けていたという。

「拘束されて人質となるわけだけど、拘束もされずに、その場でダダダッて処刑されたケースもあったって‥‥。見るからに外国人とわかる白人なんかがいきなりやられたみたいだ」

 こう悲痛な声を上げるA氏の仲間もこの居住棟にいたそうだが、襲撃が発生した際、ただならぬ気配を察知することができたため、身を潜めていて九死に一生を得たというのだ。

「助かりはしたけど、そんな生死を賭けたやり取りをただじっとしながら、ずっと聞いていたと言うんだ。部屋の中まで探すべく、ドアノブを破壊する銃撃音だったり、同僚がむごたらしく処刑される地獄の轟音をね‥‥」(A氏)

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?